∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽準備編
いよいよ野辺山100kmウルトラマラソンまで1週間を切りましたσ
参戦なさいます皆さんの体調はいかがでしょうか?



ここまで迫りますと
今さらLSDだの坂道練習だのと取り込んでも時すでに遅し
しかもケガや疲労残留のもとになります。



テストの一夜漬けのように何とかなるものではありません…。




準備に余念のないうまっち
何かできることが有るのではなかろうか…
もうあわてても効果は裏目になることばかり




しかしながらまだ間に合う準備が1つあります。



それはレース当日に最高のパフォーマンスを発揮するために欠かせない
『睡眠』です。




おそらく当日は朝というより夜中の起床は必至☆
これまでブログやHPを検索し、かつ今までうまっちが体験したことより
レース前日の睡眠は食事と同等かそれ以上にも思えます。


さてここで当然ですが
レース前日の17日の夜に充分な睡眠が取れるかといいますと
ほとんどのランナーは6時間程度の睡眠か、それ未満になるでしょう。
しかも興奮状態で睡眠は浅く、車内泊の方もいれば、旅館で相部屋という
コンディション好調維持は難しいでしょう。


そのためにもうまっちは…
今週は早寝早起き&貯め寝WEEKとしました。




ご覧下さい












全くレースに関係ない衛生兵も
ガッツリ貯め寝をしております。






へ へ
の の
 も
 へ     は、うまっちの愛情の表し方です♪





| 野辺山100 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽準備編
まずはこちらをご覧下さい…





実は昨日は衛生兵の誕生日であり
花カゴをプレゼントして近所のららぽ〜と横浜で食事をした。

店の名は「とんかつ新宿さぼてん」である。
つい前のページでカーボローディングを決心したものの
油脂ローディングとなってしまいました。


酒のつまみは揚げ物ばかりで御法度なのは判っておりますが
これも野辺山100のための準備に係る手順の1つですから仕方ありません…。


食事の最中も「このバラかわいいでしょ?」などと
さりげなくアピール(これ大事)をし最高の状態で
ノースフェイスの店へ誘導する作戦を計るうまっち…。



ここまでは完璧とも言える展開の運びに満足でした。
レースで着れそうなシャツ選びに衛生兵も
「これいいんじゃない?」などと上々の滑り出しσ



フフフ…
しかし!うまっちの獲物は、こんなもんじゃありません

そうです☆新モデルのトレランシューズなのです。


少ない投資で大きな利回り$
大人の世界では常識なことです。



…がしかし
敵もさることながら強者でして
なかなかトレランシューズコーナーに寄り付こうとしないのです。


すると衛生兵…
薄手のロングTシャツを手にして
「これなんかいいんじゃないの?」と薦めてきた。


確かにソフトな触感でいい感じ♪



時間も閉店間際なのであえなく断念▼
ロングTシャツで勝敗は引き分けとし店を出ました。
(夢の島12時間独走に使えそうなシャツでしたから購入
 野辺山はザックを背負うのでベルト部に当る箇所が擦れ傷んでしまうから着ない)







とこのように
野辺山100に集中し
着々と準備するうまっちでしたv




――――――――――――――――――――――――――――――――

      【追伸投稿】


5月10日のランチ



ダメ押しの油脂ローディング


六角家でこってり♪としたラーメンを食す(しかも大盛り)





もちろんスープの一滴まで完食★









| 野辺山100 | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽準備編
野辺山100の案内が…

  ┏━┓┏━┓
  ┃ ┃┃ ┃
┏━┛ ┃┃ ┗━┓
┗━┓ ┃┃ ┏━┛
キタ―┃ (゚∀゚) ┃―!!!
┏━┛ ┃┃ ┃┏┓
┗━┓ ┃┃ ┗┛┃
  ┗━┛┗━━━┛  キター



うまっちのゼッケンは「483」


この数字に隠された意図は…

4→しっかり
8→走って
3→みてごらん♪

ちと強引ですが
神様のお告げなのでしょう☆



ところで持参品の中に
携帯電話とウォークマンと小銭とクスリを予定しておりまして
どうやらウエストポーチを巻いてのランになりそうなので
さっそく装備して走ってみた。


中身は財布と携帯なんですが…
若干の揺れが気になって仕方ありません。
まだマラニックザックの方が背負い慣れているので
ウエストポーチは今回はせっかく用意したが休んでもらうことに決定。
だからといってザックは…やはりちょっと


しかしまだ納得がいかない…
クスリは小銭入れの中に収容しポケットの中に入れておけるが
携帯まで入れてしまうと▼これまたストレスになってしまう。
携帯はカメラも当然ですが、今回は「メモ帳機能」を使い手記として残しておきたいので置いていくわけにはいきません。


そこで思いついたのがこちらです
↓↓↓↓↓


100均で携帯ホルダーと裁縫セットを買い縫い付けちゃいました♪
針と糸を持つのなんて20数年ぶりに家庭科の授業で触ったきりのことですが
さすがうまっち☆手先が機用


さっそく今日にでもブラつかないか試してみよう…




あとは音楽ですが
ウルトラマラソンに相応しいのは
「水戸黄門のテーマ」
「うさぎとかめ」
このあたりの歌詞がマッチしておりますが
そうもいかないので探さねばいけません。





ウルトラマラソンってのは
準備もさることながら
忙しいのぅ…








てか
これも楽しみなんですがネ





【後日です】
ぶらつきはありませんでしたが
重い方へと偏り過ぎて1時間程度ならガマンできるが
それ以上は耐えられません!


つまり失敗▼



| 野辺山100 | 14:11 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽余談編
うまっちの通うYSCのメンバーで
チャレンジ富士五湖70kmの挑戦が終わった…。



「次は俺の番だ!」と気合は120%の今日このごろです。
今までトレーニングを積んできたのを発揮できる楽しみと
初めての100kmレースに気持ちは高まるばかりです。



野辺山観光案内所から前泊の宿屋の通知も来た
ペンションの名前は「善」
これをどうギャグにしたらよいか判りませんが
「善」に宿泊されるランナーのみなさま…
宜しくお願いするしかありません。




実は最近ここにきて迷いがあるのです。









それは…








☆栄光のゴールシーン☆のポーズなのです






いまのとこ考えているのがこちらです♪




〃田真澄投手がマウンドに帰ってきたときのポーズ
 ゴールのプレートに片ヒザを付き
 左手で帽子を取り胸にあて
 右手でゴールテープを握りしめブツブツ言う…



▲廛薀函璽鵑離薀好肇掘璽鵑里茲Δ卜哨劵兇鯢佞
 両手で空を仰ぎ ゆっくりと拳をにぎる…



サッカーでゴールを決めたプレイヤーのように
 シャツを脱ぎグルグル回し歓喜を全面に現す…



今のところ
11時間台でしたら
12時間台でしたら
13時間台でしたら


とこのように決めておりますが…










どぉでもいいじゃん!と思ったら大間違いです




これは大切なことなんです。








| 野辺山100 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽準備編
失恋キム兄&えみりの離婚騒動の最中に
うまっちは野辺山の準備を着々と始める…。(てか何の共通点も無いじゃんΨ)

未だにサプリメントやファイテンの首輪など
直接には走行に関係ないグッズで迷っている。

サプリメントもあちらこちらからの情報収集し
全てを揃えますと『越中富山の薬売り』のごとく
ふろしきランナー[:がく〜:]になってしまう…。



仮想ランナーとしては江戸情緒を感じさせるポイントで、注目度は高得点確実だが
総合2割を目指すうまっちには全てのサプリは邪魔なだけである(次走検討)



実は昨日…
千葉に行く用事があったので、帰りに御徒町のアートスポーツに立ち寄ってみた。
なんとそこには御丁寧にも「ウルトラマラソン専用サプリメント詰合せ」なるものが陳列してあるじゃあ〜りませんか♪
「お楽しみ袋」の容姿であたかも「これは効く」と
書いてあたかもしれない…。
(最近はギャグにキレが悪いので下線にてアピール)



しかしながら
日清ファルマがメインスポンサーであることから
何がしか役に立つサプリメントが配られるのではないかと淡い期待を抱き
痛み止めと胃腸薬はSOSの最終手段として準備まではするが
サプリ&補助食品はエイドSで全てをまかなうっつ〜ことで
購入しませんでした。


パワー首輪(?)は
近代アスリートは、みなさん使っているようですが
うまっちは買いませんでした。






なぜなら…
そのお金で居酒屋に1回いけるからです〆




そしてぷらりと店内を散策していると
全身CX-Wの店員さんに声をかけられました…
(別に万引きしようとしてた訳じゃありませんョ)


店員  「何かお探しですかぁ?」
うまっち「実は今度ウルトラマラソンに参加するんですけど…」
店員  「え!どのレースか?」
うまっち「野辺山なんだけど…備品を探しにきたんです」
店員  「それ…自分も出ますョ!初参戦で完走が目標なんですけどね♪」
うまっち「うまっちも初参戦ですσいちお2割をめざしてま〜すチョキ

などなど商売はそっちのけでレースの話になってしまいました。
なんと彼は富士登山も参戦するらしく、うまっちと戦歴が重複しているのだ

さすがショップの店員らしくCW-Xもオリジナルで
黒×黄の特注で参戦の予告あり☆
しかもアートスポーツでブースの出店もあるらしく、名前は聞きそびれましたが彼を探すの難しくは無いことでしょう









以上のことのように
うまっちは準備に余念がありません
(結果▼なにも買わずプラプラしただけ…)
| 野辺山100 | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽ピンポイント妄想
本日の妄想は馬越峠(以降うまっち峠)に合わせてみた。


http://www.r-wellness.com/nobeyama/img07/100-course2.gif

こちらの高低図から見て判りますように
大きく長い登りがスタートしてからすぐと
65kmあたりからうまっち峠の2つあります。



最初の横岳中腹までの距離はおよそ15kmで高低差が625m
つまり1kmあたり平均42m登れば良い



2つめの山場
スタートしてから65km走ったところでのうまっち峠の登りはと申しますと
距離はおよそ12.5kmですが高低差が690mあります
同じく換算しますと1kmで55.2m登らなきゃいけません

(ちなみに富士登山競走は
  うまっち返しまで1時間数分で11kmしかも1kmで60mくらい)


おそらく、かなりのダメージでの峠越えですから
妄想しただけで多くのランナーのヒザが笑ってしまうことでしょう。


しかも71km組のゴールを横目に
「71kmにしておけば▼ここで終わりだった…」
「ゴール時間まで間に合いそうにないかも…」など
自分の弱いところが出てしまい最大棄権の選択肢のポイントでもある。



やはり勝負は60kmを過ぎてから
それまでは温存♪温存♪




このブログをご覧になっているランナーのみなさん
うまっち峠が踏んばりどころですぞ!








みんなで重たいメダルを
 首にぶらさげてかえりましょう







                     …と初参戦のうまっち♪








| 野辺山100 | 12:29 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽妄想は深まる編
情報公開はありがたいものでありまして…
更なる妄想をしてみました。




以下こちらの数値は第13回の表彰台ランナーに
遅れること120%+αとして算出してみました。



 野辺山ウルトラ10kmごとの目標ラップタイム


地点 通過時間   目標ラップタイム
0km 05:00
10km 06:00〜06:05→60-65分
20km 07:10〜07:20→70-75分
30km 08:10〜08:25→60-65分
40km 09:05〜09:25→55-60分
50km 09:55〜10:20→50-55分
60km 10:55〜11:25→60-65分
70km 12:00〜12:35→65-70分
80km 13:30〜14:20→90-95分
90km 14:30〜15:25→60-65分
100km 15:50〜16:40→80-85分

するって〜ぃと
10時間50分〜11時間40分


解説しますと
前年度表彰台のランナーがおおむね8時間30分に対して
最強素人のうまっちが
3時間前後で距離にして25kmの差を開けられた時間を想定してみた。
+αは「素人」ってので5分余分に加えてみました。




そしてこちらは150%-α
アスリートに150%離されるも素人とはいえ「最強」ですから
ってな訳でこの数字のアンダーでという思いが5分


地点 通過時間 目標ラップタイム
0km 05:00
10km 06:05〜06:10→65-70分
20km 07:20〜07:30→75-80分
30km 08:25〜08:40→65-70分
40km 09:30〜09:50→65-70分
50km 10:30〜10:55→60-65分
60km 11:35〜12:05→65-70分
70km 12:50〜13:25→75-80分
80km 14:15〜15:15→105-110分
90km 15:25〜16:30→70-75分
100km 17:00〜17:50→95-100分

するって〜と
12時間00分〜12時間50分


最低でも「目標ラップタイム◆廚鬚匹海で1秒でもクリアすれば
11時間台でのゴールは約束できる。

さらに「目標ラップタイム 廾米發鮨件樹立することができたなら
時計的にも2割以内ランナーになれるでしょう♪




『取らぬ狸の皮算用』







それは充分わかっているが
平成のご時世で
狸の皮を数えている人など
どこにもいないのだΨ


| 野辺山100 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽妄想編
第14回 野辺山100kmウルトラマラソンまで1ヶ月となりました。
来月の丁度この時間はどのあたりを走っているだろうか…


まさか第1関門で引っかかるうまっち様ではあるまい!と
走暦1年とチョイのうまっちが青梅高水山のごとく妄想してみたので記しておきます。



うまっち脳内イメージでは…以下このよう↓↓↓↓

ゴールアナウンでゼッケンナンバーと申し込みのときに書いた意気込み
(去年に早々と申し込んだので何と書いたか忘れちゃいました(大笑))
などが大会会場に高らかに放送され
「Finish!- Gool」書かれたテープの中へ感動のゴール!

完走者ランナーでは1番派手なガッツポーズ

しかもそれは
第15回のパンフレットの写真に選考され一躍ヒーローに…





ど〜ですか?
うまっちらしい素晴らしい妄想でしょΨ






さて時計の話になりますが
冒頭でも書きましたように走暦1年ちょいの最強素人うまっちですが気持ち負けはしておりません☆
関門アウトや途中棄権のイメージはないのだ(ガハハハハ)


初めて走る場所、そして100kmからなる距離
市民レースとは違い、鍛えられた一流の選手の中での完走率は70%
「野辺山を制するものはウルトラを制す」
この名言に恥じない走りを、まずはうまっち誓います。


作戦名は…
『温存♪温存♪まだ温存…
  うまっち峠でド〜ンとイッてみよぉ大作戦』


なかなかカッコいい作戦名でお気に入りなんだけど…



ここで作戦の大すじを説明しよう
,Δ泙辰舛魯肇譽ぅ襯薀鵑韮桶箘米皀薀鵐福爾任△襪海箸鮓悗蠅忙廚辰討い襦
 つまりはスタートから35kmのトレイル区間では「誰よりも早く」ではなく
 「誰よりも上手に」貯金をする。
 早い話が時間だけではなく脚力も温存することである。
 いままで幾多のレースで学んだ事▼派手な突っ込みはうまっち峠でリバウンド確信

△Δ泙辰舛魯肇譽ぅ襯薀鵑韮桶箘米皀薀鵐福爾任△襪海箸鮓悗蠅忙廚辰討い襦
 過去のレースメモなどから
 「トレイルシューズは必要ではない」とコメントされておりますが
 うまっちはトレイル区間はきちんとトレイルシューズでいきまっせ〜! 
 これは迷っている人も多いはず(特に初参戦ランナー)

うまっちはトレイルランで2割以内ランナーであることを誇りに思っている。
 装備は必要最小限は携帯する。
 今回は長丁場なのでクスリも用意したほうがよさそうだ。
 鎮痛剤&胃腸薬
(感動のゴールのあとにムカついたら美酒に酔えない)

いΔ泙辰舛魯肇譽ぅ襯薀鵑韮桶箘米皀薀鵐福爾任△襪海箸鮓悗蠅忙廚辰討い襦
 坂道では同年代のランナーに負けない自信がある。
 過去のレースでも下りや尾根で抜かされても登りでは追いついていた。 
 71kmレースのゴールまで脚を残しておく作戦☆
 (71km選手にまともに着いて行くと潰れるのは必至★ゼッケンカラー等で確認)
 ここまで温存してのこり30kmに全ての爆弾を使用する。





過去大会のリザルトやHPの記録(ダメになった選手の記録こそ大事)に勉強し
無理なく流されることなく笑ってゴールするにはこれしかない




-どんぶり勘定の目標-

40km地点→4時間30分
71km地点→8時間30分
100km地点→11時間59分59秒

この1秒は12時間アンダーのこだわり

(これで総合2割に入れますかのぅ)


| 野辺山100 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽星の郷 八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン∽
略称しまして「野辺山ウルトラマラソン」にエントリーした経緯をお話しましょう♪



それは、去年のまだ晩秋のころ
うまっちの通うスポーツジムYSCで…


ちょっと美系のNさんの会話に「越後くびきのウルトラマラソン」と言う聞きなれない単語が出てきたのです。
そのときは「へぇ〜大変そうですねェ」とこんな感触でした。


ランネットやSエントリーでは、まれに見ていたカタカナの「ウルトラ…」ですが
さっそくパソコンで『ウルトラマラソン』で検索をかけてみると
脳天直撃↓されるような言葉があったのです。



“野辺山を制する者はウルトラを制す!”




それまではトレラン漬けのうまっちは「いつかは富士登山」と思っておりましたが
これがあったのか!!と躊躇することなくさっさとアーリーエントリー


そして練習ついでに1月に開催される三島60kmを練習ついでにエントリー





おや?




ロードのレース
走ったことあったっけ▼と振り返るも時すでに遅し



ハーフの経験ありませ〜ん♪
フルの経験ありませ〜ん♪
おまけにシューズ持ってませ〜ん♪

とこのような始末Ψ



このような環境の中、体調不良のため調整に失敗し
レース中にアクシデント(うまっちが悪い)ありの
しかもトレランシューズで48kmでリタイアするも
三島で走れたのは結果は満足しているし
北丹沢のリタイアのような悔しさは無い…
楽しく走れた自分に胸を張ることができるレースでした。




幸か不幸か
野辺山100kmはスタートしてから30kmほどが林道を走るとか…
ここはうまっち「突っ込み」ではなく美しく負担無く
軽快に走り「貯金」としたいところ☆


今から5月18日までの独り作戦会議が楽しみです♪








            お?









うまっち…
ちっともビビってない






| 野辺山100 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • <<
  • 2/2PAGES