∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
<< ∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ いよいよ当日 | TOP | ∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 記録編(後編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 記録編(前編)

夢の島リレーですから
今回のレース「24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま」は
タイトルにふさわしくレポしてみましょう♪



6月14日
梅雨の中休みに恵まれた東京の空の下
江東区夢の島競技場におきまして
「24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま」が
盛大に開催されました…。



土曜の任務を終えて
会場である「夢の島競技場」へと向かったのは17時

新木場の駅を降りますと
ナイター用の照明やテントが張り廻らせてあったので簡単に現地に行けました。
すでに競技場では24時間&6時間部門が開催されており賑わっておりました。


ちなみに
24時間&6時間部門は13:00スタート
12時間部門は20:00のスタート
1周約1.1kmの周回コース


段取り良く受付を済ませますと
個人でエントリーされた方には施設内のロッカーとシャワーが借りられるσ
ぱぱっと着替え「いざグランドへ!」ウォッチング開始

フィールドを囲むテントでは、6時間部門のゴールが近付いているせいか
場内の活気は割れんばかり…


夏日となったこの暑い最中
野辺山でMCを勤めたお姉さんのマイクパフォーマンスと
応援の歓声の中にNダッシュ氏を見つけました。
彼はたった独りで6時間も走り続けているせいかハイタッチする力も弱かった。
かなりの苦戦をしいられていたのでしょう…

走り続ける彼の後ろ姿にうまっちは
「もうすぐそっちへ行きますからっ!」と大きな声でエールを贈る








個人エントリーテントに陣を取り
プラプラしていると楽ランの監督どらごん氏に発見されて
楽ランのテントを案内されました。

Nダッシュ氏を見たあとの楽ランのテントは
天国と地獄のようで
盛り上がりといい活気といい「走る」という楽しさと「仲間」という絆を
24時間味わうお祭りのようでした。




いよいようまっちの12時間の戦いの火蓋が切られる時間になりました。
選手召集あり…
選手召集あり…
選手召集あり…


なんと!12時間独走部門は17名しかいません!!


案内係から
「今年から始まったクラスですから入賞できる可能性はありますョ」
お〜♪千載一遇のチャンス到来か!
「入賞」ってのは全く考えておらず
アドレナリン分泌物が出まくり眠気もどこへいったのやら…



とそとき…
なんと丸山弁護士も一緒にスタートするじゃあ〜りませんか!
驚きの連続の中
丸山先生を囲んでのスタートの写真をパチリ♪
(来年のパンフレットに載るかも…)


またまた大会MCのお姉さんのマイクパフォーマンス!
そしてカウントダウン5・4・3・2・1…
うまっちはお姉さんに「いってきま〜す」と叫び
軽快にスタートを切ることが出来ました。




1周目
コースの確認を兼ねて様子見のラン
軽快なあまりに誰もうまっちには付いて来ない…
まだ始まったばかりなのは重々承知なのですが
完全に一人旅状態♪

フィールドに入っての最終コーナーでは
楽ランチームの大歓声にうまっちは包まれ鳥肌が立ちました。
「今のとこ順位は俺が1位です!」と答える余裕さえありました。




ここからがドラマのような展開になるんです!




30分も周回を重ねると予定が立ち
当初では時間9周としておりましたが
周回を重ねていくと時間10周の超ハイペース☆
うまっちは作戦を立て直し貯金作戦に切り替えることにしました…



2時間経過頃
完璧に気持ちも盛り上がっているうまっち…
リレー組の遅いチームをサクサク拾って前にゆく
タスキをかけてない(独走ランナー)を抜くことはあっても
抜かれることのないうまっち

楽ラン陣の前では周回するたびに拍手をもらう…
「2時間まだ1位をキープしてるよん♪」と好調アピール
時間10周のペースで距離を積んでゆく☆
同じ12時間組の数人のランナーにも周回以上の差を付け
一人旅はまだまだ続きました。









3時間経過頃
楽ラン陣の後ろにある大きな電光掲示板を指差し
「あと10時間だぜ!歯ごたえないぞゴルァァアア#」というものの
3時間も同じ所をグルグル走っていると…
来やがったのです▼最初の敵「飽き」


時間10周のハイペースにもダレが出てきたのですが
同じ12時間ランナーで女性の方とのお喋りランで楽しく走れたので
「飽き」に関しては耐えることが出来ました。
てかこの人
「どっかでお会いしたことが…」などと戦歴などを語って併走しているうちに
お〜♪あの有名な美ジョガーの女将さんじゃあ〜りませんか☆と知る。
やっぱどっかで会ってたんですね。

楽ラン陣の前では
「うまっちがイチャイチャしている#衛生兵に連絡しなきゃ」などと
ペースを落とすも1位はキープ状態したままのうまっち♪


そこで女将さんと別れて
続きましては少女Aさんと併走
楽ラン陣の前では
「また#うまっちがナンパランしてる!」と冷かしておりますが…
少女Aさんにトレイルで、楽ランでは何人の人が敵うであろうかのぅ
(少女Aでつ〜ことで本人了解済み)









悪夢の5時間経過頃
「空腹」と「飽き」と「睡魔」との戦い
フードコーナーで薬膳ラーメンを食ってロス覚悟の上で気分転換を図る。
個人用サポートテントではNダッシュ氏が休んでいた。
もう彼は極限状態であり挨拶程度の会話で控えました。
もちろん彼だけではなく
前日の昼13時から戦っているランナーたちは疲労困憊であり
戦場に張られた野戦テントのようでした。



ここでうまっちは「仮眠することなく…」と決めておりましたので
コースに戻ることにしました。
止まったとはいえストレッチやら何やらで睡魔を飛ばすも
気持ちが定まりませんでした。
景色は、明るいナイター照明の内周と薄暗い外周の繰り返し…
単調がさらに単調となる







そんなに休んだ覚えはないのに
周回ボードを見たら順位は7位まで落ち込んでいました。
まさにウサギ&カメのウサギ状態


コツコツと1周8分で走っているランナーに
30分も休めば3〜4周の差なんて簡単なもの





楽ラン陣の前でも
手を上げるのが精一杯になる。
それでも彼らの応援は途切れることはありませんでした。





6時間経過頃
「もう半分と」と「まだ半分」の境にきた。
ちょうど弱いところが見え隠れし
レースの展開の予想ができるところでしょうか


残りの時間と残された体力
そして自分の立てた目標の達成

11時間で100kmを走りきるどころか
12時間で100kmを走るのも怪しくなってきた…



そのころでしたでしょうか…
ジョグノート仲間のサンタパパ氏と併走し
彼はテントへと向かいました。
こうしてフィールド内はやや静かになってきて
全体的に走者も少なくなってきました。



ですが楽ランのみんなは応援してくれる。
「いったい何なんだ?何かを期待しているのか?」



7位と順位を落とし意識も下がり
「適当に12時間走れば何とかなる」と…



しかしながら中には24時間も戦っているランナーもいるわけですから
「彼らのたった半分の時間」だからと気持ちを集中
それからというもの順位は気にせず
「12時間を戦う」それだけのために頑張りました。





8時間経過頃
東京の空が明るくなりはじめるころ
段々と先が読めるようになってきました。


「睡魔」との戦いの次は「疲れ」との戦い
ここまで来ますと不思議に「飽き」はなくなり
純粋に疲れとの戦いになるのでした…。





休んでいたランナーもフィールドに戻り
また黙々と周回を重ねてゆくのです。






以降は後日に更新します。


| 夢の島 | 16:59 | comments(8) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 16:59 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
スタート後の楽しいEnjoyRunが、徐々にウルトラモードになってきましたね〜。
それにしても、夜中走るってのはつらそうーですね。野辺山でも12時間くらい走っていたけど睡魔は無かったな〜。
| enjoylife | 2008/06/16 5:51 PM |
夢の島12時走。お疲れ様でした。
今回、僕も走ってまして、うまっちさんにはダイブ元気をいただきましたよ!ありがとうございます!
僕も同じで、空腹と眠気は耐え難いものがありました。でも、最後の1時間はみんなが仲間に思え、皆さんと声を掛け合い、感動のゴールが出来ました。
うまっちさん始め、皆様と時間を共有できましたこと、とっても感謝しています。
また、いつかお会いできれば嬉しいです。お疲れ様でした!!
| おたぽんた | 2008/06/17 12:42 AM |
テントで休んでいると、近くで雁坂峠の話が聞こえてきたので寝たふりをしながら聞いていました(汗)そのうちどこかで聞いたことのある話になってきたのでもしかしてと起き上がると、やっぱりうまっちさんでした(^^)
あの時までは1位だったんですね。
| のまダッシュ | 2008/06/17 1:29 AM |
>おたぽんたさんへ

こちらこそいろいろお世話になりました。
できることなら出走したメンバーで
来年は24リレーしたいくらいですよ♪

ゆっくり休足して下さいませ
| うまっち | 2008/06/17 8:19 AM |
>のまダッシュさん

やはり雁坂峠には課題が残る展開となってしまいました。

根性だけで今までは乗り越えておりましたが
雁坂峠は簡単にやっつけられそうにありません。


どのレースもそうなんですが
「リタイヤ覚悟で…」ってのはキライであります。


7月6日
キタタン応援ランと思ってもおりましたが
もう1発〆葛西臨海公園を走ってきます。

| うまっち | 2008/06/17 8:26 AM |
葛西臨海公園は時間走ですか?
さらに暑くなってそうですね(汗)
がんばってください。
| のまダッシュ | 2008/06/17 12:32 PM |
>のまダッシュさん

葛西臨海公園は7時間周回走であります。
距離の壁・時間の壁・環境の壁
この3つを越えられましたら
雁坂峠〆攻めにいきます!
| うまっち | 2008/06/17 12:47 PM |
どうも、ゆめのしまではお疲れさまでした。野辺山の記録編(後編)でコメントしたサンタパパです。

レースが始まる時に、「もしかしてこの人、丙のうまっちさんかもしれないなあ」と思って、お声をかけさせてもらいました。その後、お話したり声をかけあったりして楽しく走れました。どうもありがとうございます。これからもどこあで会うこともあろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。

| サンタパパ | 2008/06/17 9:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beginchan.jugem.jp/trackback/99
トラックバック