∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
<< ∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽記録編(前編) | TOP | ∽第61回 富士登山競走∽雑談編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽記録編(後編)
65km辺りから78kmまで登りのみが続く中
71kmのゴールを過ぎてからのことです。


馬越峠なる最大の山場を迎えるのですが…







正直に言って
70km以上も走った体で、この峠を走り登れるランナーは
常識上▼考えられません。

もしこの常識をくつがえす事ができるなら
一流ランナーの証(あかし)でありますし
おそらくサブ9〜10のランナーでしょう
(あとでのまダッシュさんに峠での走りを聞いてみよう)



実は庶民なりにもうまっちは
登りの練習は富士登山競走を踏まえているので
ガッチリ練習は積みました。
うまっちが通うスポクラYSCのトレッドミルでも
毎日〜傾斜を必要以上に上げてこの坂を想定して黙々と走りました。



どこまでも軽いジェネレーサーは
トルクを効かせ止まることなく小さな歩幅で
リズムよく登りました。





標高1620m馬越峠頂


登った坂は下らなければいけません。
馬越峠頂から500mほどつづら坂を下ったところでしょうか…。



この80〜90kmの区間はうまっちにとりまして
最大の正念場となったのです。
馬越峠頂までは「さすが!うまっち」と自賛しておりましたが
転がる人生とはこのことを言うのでしょうか?




左ひざ外側に強烈な痛みを覚えながらも
止まらぬ自分にブレーキを無理やりかけてしまったせいか
ついにうまっちの脚は動かなくなってしまいました。



この痛みは北丹沢に強行参戦しリタイアしたときと同じ痛み
頭の中には悪い記憶だけが蘇る。
「まさかリタイアってなことは…」
「なんなんだ!ここまで来て…」
と自分が情けなくなりました。




うまっちの行程時間の予定ではここまで順調に進んでいたのに…
「12時間を切れる」と確信していたのに…
うまっち中心半径50cmだけが時間が止まったかのように
後続のランナーに抜かれてゆく




時計を見る回数が自然と多くなる
残りの距離と時間を考えると12時間切りは完全に無理と判断しざるおえない
「前へ前へ」と気持ちだけでこの傷めた体を進めました。





ところが
アクシデントは重なるものか
重なるものがアクシデントなのか…



給水場で脚を冷やすために掛けた水がシューズに回ってしまい靴下までを濡らし
蒸れた足の裏がふやけた感覚になり、下りの度に1歩1歩に皮膚が引き裂けるような痛みに襲われました。




両ひざから下の痛みは深々と重なるばかりで
「70kmを7時間40分で走ったから…まぁいっか」と
面目と体裁ばかりの最悪の言い訳まで考える始末





容赦なく下りでうまっちは抜かれまくりました




…とそのとき
またゼッケン533番!Eライフさんがうまっちに
駆け寄ってくれたのです

「うまっちさん!俺も去年この下りでヤラれたんです
 ストレッチして伸ばしてから走った方がいいですよ
 あと2kmで下りは終わりです!頑張りましょう!」




なんともありがたい言葉であったことでしょうか…。






下りきったら川沿いを走り
87km地点の着替えポイント

ここで靴下を履き替え
ロキソニンを1錠服用しゴールを目指した。


辛くなったらザックの高水山のお守りを握りしめ
こんなときだけ神頼みをし
多少なりとも、それなりに練習を積んできた事を思い出し
「足が折れてもいいからゴールまで持たせてくれ」と心で叫ぶ。



ゴール5km付近でフクちゃんに追いつかれ
チャリンコランナーにも追いつかれる。




そして今度は携帯が鳴る…





「今どこ?」






衛生兵からの通信である







このクソ忙しいときに
電話してくるのが衛生兵なのです。
(しかも実家でくつろいでいる様子〆)







遠くの方から
先にゴールしたランナーのアナウンスが響いる



97km地点
完走を確信し
今日の日のここまでの道のりを振り返る



YSCで初めてみんなで走ったこと…
大山で初めてレースに出たこと…
楽ランのこと…
ジョグノート仲間のこと…


次第に瞳がうるうるしてきた。




踏み切りまでの直線でサルの仮想ランナーに
「あともう少し頑張れば
 12時間台でゴールできますよ!がんばりましょう!」
と励まされました。



言われたことは重々判っています

ラストスパートはとっくに掛けているつもりですが
だけどこれ以上はスピードがでません…。

せめて気持ちだけはと前へと押し出す


「あの角を左に曲がればゴールだ」と
更に気持ちを前に出し、上がらない足をあげ、振れない腕を振る


予定していた感動のガッツポーズの余裕はなく
なりふりかまわずゴール…






17:56
うまっちへのMCのアナウンサーの紹介も記憶にはない
大きなメダルが首にかけられたときは
「もう走らなくてもいい」という思いと
今までの努力が一度にアルバムをパラパラっとめくったような思いで
あふれそうな涙は我慢できませんでした。









涙をぬぐうと
一気に痛みが押し寄せてきた…。




足を引きずるように
21:45電車で帰宅








衛生兵はすでに消灯している








お前はしあわせ者だと笑うしかなかった…










        まとめ


GTMailSよりの記録



100km総合
10km: 1:00:19実
50km: 5:10:26実
71km: 7:40:00実
90km:11:08:21実
100k:12:56:00実
通過 358位
時刻:17:56:00実

この記録は速報<参考記録>です。

↑だそうです





記録はさておき
来年にも野辺山100に挑もうと考えているランナーの皆さんへ
うまっちからのメッセージです♪
(これは来年うまっち自身のメッセージでもあります)

・目標をきちんと立てて計画的に走る
 完走が目的ならば無理なプランは絶対に考えてはいけない
・結果的には42kmの着替えポイントでジェネレーサーに履き替えて
 貯金はできたが馬越峠での薄っぺらなシューズではハンデが多すぎた。
 トレランシューズで馬越峠を下り87km着替えポイントで
 ジェネレーサーにすれば脚力が残ったかも(結果論)
・「完走してやる」という強い気持ち





来年はド〜ン♪1時間短縮して
11時間台で帰ってきてやる…







…と来年もヤル気まんまんのうまっちのレポでした。









                    はぁ…
                    あれから3日がたっても
                    まだ足が痛い▼
  





追伸:
競技に関しました各ボランティアをはじめ
地域の皆さまに厚く御礼を申し上げます。

また来年も参加の方向で調整していくつもりでございます。

本当にありがとうございました。  



                 by丙のうまっち♪
| 野辺山100 | 14:27 | comments(15) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 14:27 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
私も、読ませて頂きながら『ウルッ(;_;)』としました。

自分にここまで厳しく出来るかなぁ…。信じれるかなぁ…と。


陳腐なセリフしか言えませんが、お疲れ様でした。
| そっちゃ | 2008/05/21 9:23 PM |
初出場&初完走おめでとうございます。
無事にゴールできたようで安心しました。
なみだ、ナミダ、涙、笑いの連続でしたよ。仕事中読んじゃったもんだから、大変でした。ニヤニヤしながら肩震わせて、必死に絶えました。。。。全く怪しい親父でしたよ。
来年も是非、高原のう○この香りで堪能しに来てください。
| enjoylife | 2008/05/21 9:25 PM |
後編についても語らせていただきます。

ダラダラと続く坂の中、68km地点辺りから強い日差しが気になりました。
そして例の峠はどこから始まるのかと。
写真にもある馬越峠の看板を見て、愕然としました。「ようやくここから始まるのか〜。」と。今までの坂はやはり峠ではなかったのだと。
疲労がピークに来ていたので、最初から登りきるまで歩きっぱなしでした。
以外と車が歩く選手達の横を通り、それを避けるエネルギーさえももったいなく、辛く感じましたね〜。
峠のピーク(80km)のエイドでは、「ちゃんとゴールできるかな〜?」と独り言を言う選手がいたので、「できる!できる!今、ここ(エイド)にいる皆全員、ゴールしようよ!」と返してあげました。
今ではクサい台詞のように思いますが、その時は心から滲み出た言葉だったように思います。
そして「これでは”完走”ではなく、”完歩”じゃね〜か。オレはウォーキングにきたんじゃなく、走りに来たんだ!」とせめて下りは走らねばと最短コースを取って駆け下りました。
抜かれるランナーは「無茶なことを・・・。」という目で見ていたに違いありません。
両足首も右膝も痛みが増してきました。
おかげでそれまで見かけないランナーの集団に入り、気分がリフレッシュできました。

87km地点。
とても待ち遠しかった。
90kmが目の前だから早く残り10kmを切り、一桁にしたいという思いが、休憩を中断させ、歩を進めました。

95km地点。
故郷の実家から最寄駅までのいつも歩いている距離。
「5kmなんていつも歩いている距離だろっ!」と鞭打つように自分に声をかけ、歩を進めました。
すでに自分のランニング最長時間を超えています。
畑の中を走っていると左手に急な坂が見えました。登っているランナーの姿が見えるではありませんか。
「この先、まだあんな坂を走らされるんだ。」とうんざり。
終盤になっても容赦なく坂が続きます。
うまっちさんが書いているように先にゴールするアナウンスが聞こえてきて、テンションが上がりました。

残り1km。
係員の誘導に対し、「お世話になりました。」と返すようになっていた。
気づけばすっかりと夕日に包まれていました。
たくさんの拍手とねぎらいの声の中、ゴールしました。
自分が走ってきた方へ振り返って、一礼をしました。
さて、次はあなたも・・・。
| hikaru | 2008/05/21 10:12 PM |
完走おめでとうございます。
野辺山はかなり走りごたえがあって
完走した時の達成感はそんじょそこらの
マラソン大会では感じられないんでしょうね。
来年私も挑戦してみようかなと思います。
| ウェル | 2008/05/21 11:48 PM |
>そっちゃさん

弟さまにも来年は薦めてみたらいかがでしょう?


この達成感は
男を一枚↑あげますョ
| うまっち | 2008/05/22 7:34 AM |
>Eライフさん

実はこのブログなんですが
「NPO野外活動推進事業団」とリンクしておりまして(検索してみましょう)
ボーイスカウトやガールスカウトの良い子の皆さんや
もちろんですが野外活動推進事業団の方もご覧になっております。


お下品で少年少女に有害な文字を使わないようしなければいけないのです…。


つ〜わけで
Eライフさんのとこで
暴れちゃおっと♪


| うまっち | 2008/05/22 7:44 AM |
>ヒカルさんへ

楽ラン!ファイト魂で
またどこかのレースでご一緒できればと考えております。


つ〜か
第15回大会も前向きに参戦をと思っております。

あの感動を
こんどは笑ってゴールしたいです。
| うまっち♪ | 2008/05/22 7:49 AM |
>ウェルさんへ

80kmまでは「ウェル伝授コバンザメ走法」を使うことなく軽快に走るも

80〜90kmの区間は
イワシの魚群に抜かれるがごとし…


本来ですと
つらい時こそ「コバンザメ走法」なのですが
今回におきましては抜き処がありませんでした。


応援あざ〜す






てか…
のま氏は規格外の方になってしまったようですね…
| うまっち | 2008/05/22 7:57 AM |
コメントが長くてごめんなさい。
そして5年間、PHSを使用してきて問題なく過ごしてきましたが、今回、弱さを露呈しました。反骨精神もいいけど、やっぱり携帯かな〜。
僕は次は”乗鞍天空マラソン”です。
舗装道路の山登り(23km)ですが、来年の野辺山を意識して頑張ります!
| hikaru | 2008/05/22 8:12 AM |
完走おめでとうございます。
厳しいレースだったようですね。
ゴールにたどり着いた喜びが伝わってきます(><)
少々のアクシデントや苦しみもゴールの瞬間は吹っ飛びますよね。
お疲れ様でした。
| のまダッシュ | 2008/05/22 9:06 AM |
>のまダッシュさん

完璧なレース展開じゃないですか!


実は秘かに
「雁坂」を狙っているのですが…
予定ですからみんなには内緒ですョ♪
| うまっち | 2008/05/22 9:13 AM |
はじめまして。ジョグノートの40'sコミュニティでうろうろしているサンタパパと言います。よろしくお願いします。

野辺山の完走、おめでとうございます。ウルトラ・マラソン、私もまだ1回しか参加したことがありませんが、走り遂げると特別の感慨がありますよね。野辺山はいつか行って参加してみたいですねえ。

まずはゆっくり休んでください。
| サンタパパ | 2008/05/24 9:14 PM |
うまっちさん、野辺山お疲れ様でした・・・

かなりハードなコースでした・・ここまでとは思いませんでした・・

hikaruさんも来年、歩かず完走したいといっていましたが・・ 私も勇気を出して来年、再度挑戦しようかと思っています・・

またどこかで、お会いしましょう・・^o^/
| フク | 2008/05/25 7:25 AM |
>oh〜サンタパパ殿!
来年も野辺山に挑戦をと見据えております

来年いっしょにいかがでしょう?

扉の向うに新たな発見ができると思います

応援ありがとうございました
| うまっち | 2008/05/26 7:42 AM |
あ!フクちゃん

夢の島よろしくっす♪

次は奥武蔵70でしたっけ?

ガンバですよ〜ん
| うまっち | 2008/05/26 7:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beginchan.jugem.jp/trackback/80
トラックバック