∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
<< ∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽前夜祭 | TOP | ∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽記録編(後編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽第14回 野辺山100kmウルトラマラソン∽記録編(前編)
いきなりですが
第14回 野辺山100kmウルトラマラソン 完走しました。


ここから先は
うまっち自身の為はもちろんの事
今後「野辺山100kmウルトラマラソン」に参加をする皆さんの参考になればと
出来るだけ詳細に事実に基づき記しておきます。



―――――――――――――――――――――――――――――――



5月18日
03:00起床 体調は至って良好
準備を整え…



「・・・・・・・・」



またですよ!



係の人
「本館までお送りします。
 ど〜ぞ荷台へお乗りくださ〜い♪」




それは紛れも無い軽トラック荷台





昨夜の雨もあがり
高原の特有の空気に包まれ
うまっちは軽トラの荷台でゆられてロッジ本館へと移動
ただし気分は「ドナドナ」ではなく
「やっとこの日が来たんだ…」という気合ともいえるような不思議な力が湧いてきた。


本館から会場へはきちんとした車で送ってもらい
素泊まりのうまっちは朝食をしいれるべく会場を通り過ぎ
コンビニ前で降ろしてもらう。
購入したのは、肉まんと赤飯おにぎり


ほおばりながら会場入り
42km地点と87km地点に預け物の段取り

42km地点
・トレランからロードに変わるシューズ(ジェネレーサー)
・靴下
・エアサロンパス

72km地点
・靴下のみ



手際よく準備しトイレに並んだらプチ渋滞〆
際後方のひとはスタートに間に合うか程の列で
うまっちは「全てを事前に」という日頃の計画と習慣に助けられました。


スタート30分前です。




ぽつん…と立ってたら
「うまっちさ〜ん!!!」
楽ランのフクちゃんである。


いやはや▼よくこの人数の中でうまっちを見つけられたと思ったら
インパクト大もサーフィンパンツだったかららしい…。
遠くからでも目立つので良く判るのはいいですが
悪事を働くときは控えたが良さそうだ…。


ここでフクちゃんに同じく楽ランのヒカルさんを紹介してもらう


その時の写真がこちらです









お決まりの1枚ですが
スタート直前








05:00

陽気な大会MCのお姉さんのマイクパフォーマンスに…
ランナー揃って
「エイ!エイ!オ〜ゥ!」



MCのお姉さん
「果たしてこの元気がどこまで持つのでしょうかっ!?」



笑いこぼれる中にスタートしました。




ここからいよいよ
マラソンと言うより「100kmの旅」という気持ちでうまっちはスタート


ようやくこの時この瞬間がきたのだと
これだけで熱いものがズンと込み上げてきました。




朝陽からランナーへの心ばかしの贈り物です。



この辺りで
「ぬらりひょん」のハンカチを帽子に発見!
彼とは今年、若葉台マラソンから主だったレースで一緒に参戦している
言わば戦友である。
自分の調子を押し殺しての参戦であり頑張ってもらいたいとことです。
うまっちは右手を挙げてハイタッチし先に行かせてもらうのでした。





height="480" alt="" class="pict" />



興奮し高ぶった感覚に慣れてきたころ
トレイルコースへ入ります







ダートコースというより
砂利道コースのアップダウン


クッション性だけではなく
石を踏んだときの痛みのためにも
トレイルシューズ(前ページ参考)を選んだのは正解♪



軽快に八ヶ岳を楽しむうまっち







フクちゃんと一緒に







↑この写真を撮ってくれたチャリンコランナー







ここいらでうまっちのザックにぶらさがっている
高水山のお守りをみて声をかけられました。
「私は赤をもらいましたσ」

などと
走りながらも多少の会話を楽しめるのがウルトラの醍醐味です。



40km地点 09:07通過

トレイルゾーン終了
ここまでは予想というか組み立て通りの展開に疲れなどなく
順調♪順調♪と自分に言い聞かせるように走りました。
(実際に好調維持)
着替えポイントでロード用のシューズに履き替え再スタート!



4〜5分はペッタンコの感覚も序々になれて
高速モードにスイッチオン♪



途中に先行していた女性のランナー発見!
ためらう事なく声をかけて
先ほどの着替えポイントで準備したエアサロンパスをザックから取り出し
助けてあげました。
(女性とお年寄りには優しいうまっち)


59km地点
ここでの着替えの選択を外したのは正解でした。
それなりに調子も気持ちも↑↑アゲアゲで水と梅干のみ頂き
出発しようとすると…ゼッケン533が目に飛び込んできました。
「あ!うまっちさん?」と声を掛けられました。
ネット仲間のエンジョイライフ氏である


うまっち
「早いっすねェ!」
Eライフ氏
「うまっちさんのブログ#かみさんと楽しく見てますョ」
うまっち
「レポ楽しみにしといて下さ〜い!」

と言い残すと休憩することなく
うまっちは先に出ました。


しばしの折り返しコースに
戻るやいなや対面通行の向うで手を振るランナーが…
青梅高水山で一緒に走ったW氏である。

まもなくフクちゃんとスライド

続いてエアサロンパスを貸してあげた女性ランナーとスライド

そしてチャリンコランナーとスライド

最後にO氏とスライド…



みんなと互いに道路越しに励まし合い
うまっちは先行したのです。



71km地点通過 12:40

時間にして7時間40分でここまで順調に来た。
70〜71kmの区間は同じロッジに宿泊したランナーに追いつき併走
そして先行し彼を引っ張るように走りました。

名前は聞かなかったのでX氏としよう
彼は71km部門参加のランナーです。

うまっち
「来年は100kmでエントリーでしょう!」
X氏
「もう70kmで限界ですよ…」
うまっち
「ここから先が野辺山の最大の山場なんだぞ!」
X氏
「ハイッ!」

71kmのゴールが見えるとうまっちは
「さぁ!ラストスパートだっ!俺を追い越し先に行け!」

とX氏は最後の力を振り絞るようにゴールに飛び込む…。







以降は後編に続きます













| 野辺山100 | 17:16 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 17:16 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
ここからが。。。。。。。。
ジラシスギデス。
後編、が知りたい。。。。
| enjoylife | 2008/05/20 10:02 PM |
こんにちは〜!
楽ランをモットーにしている私は今回、ライオンズの”レオ耳”をつけて走ろうと宿の鏡の前で格闘していたのですが、どうも動くとずり落ちてしまい、止めました。(苦笑)
42kmの着替えポイントまではうまっちさんのようにトレランシューズでいってそれからマラソンシューズに交換しようか迷いましたが、今回荷物が多く長旅でしたので、結局、全行程をアシックスの”サロマ”で挑みました。
特に問題は感じませんでしたが、トレランシューズを履いた事がないので、次回参加する時はそちらを試して比較してみたいですね。
下りの未舗装道の石や舗装してあっても凸凹があり、躓いている人を何人か見かけましたね。
序盤から登りは歩くと決めている人がたくさんいたようですが、一つの戦略なのでしょうか?
疲れた様子もないが、坂道は一貫して歩くといった感じ。
登りを課題にして練習していた自分にとっては
拍子抜けしました。
邪道のようにも思えましたが、ルール違反ではないので・・・。
野球で言えば敬遠フォアボールのようなものでしょうか?
長くてごめんなさい。
後半に続く。
| hikaru | 2008/05/21 7:02 AM |
その節は大変お世話になりました。
またいつかどこかで
お世話してくださいませ♪
| うまっち | 2008/05/21 3:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beginchan.jugem.jp/trackback/79
トラックバック