∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
<< ∽第2回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン∽ | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽第26回丹沢ボッカ駅伝競争∽
 
骨折してから一年が経過しました
もちろんこの写真は医者の説明のとき盗撮したものです
(まぁ自分の骨ですから公開しても問題は無いでしょう…)











平成24年6月3日
気象庁の予報では雨
ところがところが雨は降ることなく
最高のボッカ日和と相成りました




晴れ女の炭やの女将が同伴したからと噂されるも
美少年倶楽部としましては雨に濡れてもイイ男?






ギャグはさておき
大会ルールから説明しますと
クラス分けが…
10kg・20kg・40kgと背負う荷物の重さでのクラス分け




美少年たるもの
華麗に美しく
そして優雅にミッションをクリアせねばなりません
そこでエントリーしたのがMAX40kgボッカ





本番1週前にリアル練習をメンバー揃って開催したのですが
大きな疑問符を残したままレース当日を迎えました




1区 世界の宮部
2区 植木屋の富田
3区 微妙な福田
4区 素敵なうまっち


150分の門限を練習では軽く200分超過




目標は時間内完走ではなく
「タスキだけは必ずつなごう」でした











総合受付を済ませ
荷物を造り
おのおの位置に分散




サポート係に
・漆黒のナベさん
・まりぱさん
・おいちゃさん







以降漆黒のナベさんの撮影より

1区の世界の宮部



2区の植木屋の富田



問題の3区の福田



4区のうまっち











4区の待機中
乙女倶楽部は軽やかだった…





20kgボッカチームがひと通り過ぎますと
40kgボッカが上がってくるのですが
予想通り美少年倶楽部は上がってこない…





途中でリタイアでもしたのかと思ったときに
福田の気合の吠えが聞こえてきた




なのにまだ来ない





声はするものの福田は来ない





まだ来ない…






と思ったら
サポーターに励まされながら福田が来た
正直に完走のみが目標でしたから
特に気にせず40kgのタスキでもある砂利を引き継ぐ




3人が繋いでくれた絆を
うまっちが断ち切る訳にもいかない









とりあえず
今年1番のヤセ我慢です








ギャラリーの声援には笑顔で応え
重たいのに重たくないフリをして
ゴールの花立山荘を目指しました






道中は
「たかだか東京タワーの1本ちょいやん」
「練習でもイケた」
この繰り返し







サポーターが
「選手が通ります」
「道を譲ってください」など
うまっち以上に一生懸命だったのは忘れない







絵的にはデットヒートもなく地味だ








岩場を登り越し
最後の直登階段にかかったとき
正直に10分では登れないと思った






1区で頑張った世界の宮部も応援してくれてる
2区の富田も追いかけて来てくれて応援してくれてる






なのに福田はいない…







残り3分






人間って120%の力って出るんですね





「あと30秒」この声と同時に
ここにいるみんなが背中を押してくれた







今までいろんな大会に出てきましたが
ゴールした瞬間に叫んだのは初めてだったと思います










こんな素敵な仲間の応援があったんですから
奇跡が起こっても当然のことでしょう

やり遂げた男たちの顔です















だけど
ここに福田はいない





| - | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
スポンサーサイト
| - | 21:09 | - | - | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://beginchan.jugem.jp/trackback/214
トラックバック