∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽KTR23第1回試走∽
4月29日(火)

いつのまにか「昭和の日」と改正したのであろう…
そんな祝日の早朝からKTR23の試走(調査)に出かけました。

ところが試走に行く前日になり
妻(以降「衛生兵」)が
「わたしもトレイルに連れてって!」という
珍しくたっての要望ですので連れて行くことにした。



ここで衛生兵の履歴を紹介しておこうΨ
一応あれでもホノルルの完走者であるが
過去の栄光であり4年も前のこと…。
当時は、それを目的にして多少の練習はしたみたいだが
以来マラソンは自称「極め尽くし卒業」
いわゆるミーハーランナーである。



今はジムでエアロビクスに専念しているが
衛生兵が上級なのかジム側が下級なのかエース的な存在である。



紹介はこれくらいにしておき
衛生兵もそれなりに準備を率先して実家の両親に装備などの相談を持ちかけ
見た目は立派にハイカー(?)である。
(目的はトレイルランだぞ!ゴルァァアア〜)

うまっち隊長はこの時点でトレイルランからハイキングへと
山屋のハイカーを強いられる▼が
まぁそれはそれで細かにコースを検索できるからよしとして…


いよいよ出発
自宅を06:30に家を出て
スタート地点である港南台中央公園に07:20到着
コースを説明しながら「いざ!鎌倉アルプスへ」

08:00ふじづか休憩所
まだまだこの辺りは余裕であり
JNのココペリ氏のごとく「森のくまさん」を1人輪唱の衛生兵♪
実は彼女の目的は「トレイルラン」とは?
ではなく「鎌倉であんみつ」のご褒美なのである。

まもなく住宅街へ繰り出しますが
団地のハズレのにしき寿司前の横断歩道であるが
見通しが悪いので人員を置いた方が良さそうだ。
(あとでボスに報告せねば…)

CP-1の予定地ではゴルフ練習場へ向かうであろう車が多く
「歩道走行を促さなければ」など色々と考えながら
ミッションを遂行するうまっち隊長と衛生兵…


そこからCP-2までは谷の道を歩く。
「森のくまさん♪」から「風の谷のナウシカ♪」を歌う衛生兵…
決して上手とはいえない。
そしてここで本日の第1リス発見☆喜ぶ衛生兵である。

CP-2でもある上郷高校下でプチ迷うも
難なく解決しコースアウトも最小限で食い止めることが出来た。
走っていたら判らない道である。

畑を抜けて一瞬住宅街へ入り再度トレイルへと向かう
ここは凄く見晴らしが良く夜景も楽しめそうな景観である。
お?パイプ椅子が1つ据えてある…。
近所に住んでいる人が私設展望所を作ったのであろう。


この辺りから鎌倉方面に行くハイカーと金沢自然公園へ向かうハイカーが目立ち
頭の中が「鎌倉であんみつ」でいっぱいの衛生兵は鎌倉の方へと
ついコースを取ってしまう。
地図を広げて確認すると金沢動物園から金沢八景まで下りて折り返しに
がっかりする衛生兵…。


11:00ののはな館に到着
ここで昼食とする。衛生兵が早起きして作った不細工なにぎりめしを頂く。
売店で生ビールを買うが紙コップなので用量は確認できないが
半分以上は泡だったと思う。まさにバブルとはこのことです。


走れば訳ない距離や時間も調査しながら歩くとなると
サクサク歩いても走っているときの3倍はかかる。

いらだつ衛生兵の言葉は同じことを繰り返す
「鎌倉まであと何分?」

当初の予定では北鎌倉に15時を想定しておりましたが
数回のコースミスと確認に時間を費やし
思ったよりも距離が出ない。

六国峠コースを下り能見堂まで行って折り返すも
これといって感じるものはなく不動池のみのCPでうまっちは賛成

ゴルフ練習場脇を13:15通過
自販機でお茶を買うと朝に通った道と超接近に衛生兵の苛立ちは膨らむばかり。
かれこれ6時間も歩いていると精神的にもいっぱいなのであろう。
「来なきゃよかった…」とか「鎌倉まであと何分?」の連発で
うまっち隊長も手をやくばかりだ。

CP予定地のひょうたん池を通過して
リポDのCMに使われそうな崖を登る地点で…
うまっち隊長「こっちだ!衛生兵ついて来い!」
衛生兵   「こんなとこ誰も通らない!」
うまっち隊長「ミッション遂行だ!」
と衛生兵に手をかす

ふぁいとぉお〜!!
無論「いっぱぁあつ!」の返事はない

衛生兵の怒りは頂点に達してしまい
うまっち隊長ではもうどうにもならない…。

大丸山に到着きたときには
「あと何分っ?」と文字で表すと
小さな「っ」で現すほかない…

時計は15時…
「ここから鎌倉まであと3時間」と言ったらう
まっち隊長の命に関わるから内緒にしておいた。


さてミッションのことですが
今回で完歩は時間的にも厳しくなってきたので
前回のレースの12km地点の高野台バス停と予想を変更した。
うまっち隊長の考えでは「金沢八景」あたりが限界だろうと想定するも
プリプリしながら良くぞここまで着いて来たものだ。

天園峠の茶屋でうまっち隊長は衛生兵に缶ビールをご褒美にあげる。
お茶屋のおやじと山話しをし北鎌倉方面へと下山する。

実はここからが▼また長いのです。
缶ビールでご機嫌を取り戻すも30分も持たず
またプリプリ状態〆

仏のうまっち隊長もブチ切れて
「もう二度と衛生兵は連れて行かない!」と言ってはいけないことを言ってしまった。



そして不仲のまま大船高校に到着


バス停の時刻表を見る…


バスがない…


衛生兵★再爆発…



結局、大船駅まで歩く



帰路の推定範囲に入ると衛生兵も安心したせいか怒りが鎮まる。
うまっち隊長が後ろを指差し
「あの山から降りて来たんだぞ」と言う。
時間にして11時間&距離で約30km

「よくやたぞ!衛生兵」と褒めてやると
「わたしもトレイルラン…やってみようかなぁ」
「短いレースがあったらガンガン行かないで伴走してよ」と言うので
うまっち隊長は快く引き受けました。




さてKTR-23試走ですが
次回連休のいづれかに予定しております。

今回は新コースにもなりましたので
「試走の試走でぼく死にそう♪」でしたが
次はキッチリとレポできそうです。








お楽しみに…










| KTR-23 | 17:12 | comments(5) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽特命部隊うまっち∽

KTR-23に向けてボスから新しい特命がメールで送信されてきた。
(代表!勝手にボスと書いてすみません!)




ちなみに前回のミーティングのミッションでは…


〜路の全体的な把握
能見堂跡地などの歴史的なコースの取入れの有無
3謄櫂ぅ鵐板眠瓩よびゴールまでの時計
ご袷率や制限時間の想定


以上でしたが
本日パソコンを開いたら重要な特命状が着信しておりました。
↓こちらです
ゥ好織奪佞亮岼榮阿容易にできるエイドの検索と周囲の確認
 (ランナーとしての便利性も含む)




「ボスの意向はキツイだけではなく楽しいコースも…」と特命状には書いてありますが
以前このブログにも書きました通り、整備されたグランドを走るのとは訳がちがいます。
前回は甘めの設定で98%の方がゴールできました。
しかしながら次回は35kmの距離的には中級クラス☆
スタッフのレベルアップも兼ねのTTR100に繋がるコースおよび時間と考えておりますので
ピンピン♪でいこうと思います。




「ピンピン♪ってな〜に?」と言われましても
うまっちにも判りません






なお間延びしないように
さっそく4月29日に試走してきます。



スタッフの立場になり
またランナー目線でKTR-23のコースを確認して参ります。









                       伴走者随時募集中〜♪


| KTR-23 | 10:43 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽NPO野外活動推進事業団∽ミーティング

まずは記事のタイトルの団体ですが…

なんと!チャレンジャーズ・レース Japan Cup・Tokyo Trail Run 100


    つまり



TTR100の生みの団体でした(感動!)







そちらの代表の方と「第5回 鎌倉アルプストレイルラン」の
大筋の打ち合わせをしてまいりましたのでこちらで報告させていただきますσ

4月24日(木)18:45
当日は小雨冷たく小雨しとぴっちゃん♪
横浜西口付近にある「かながわ県民センター」でミーティングは開催されました。

約束通りうまっちは現場入りし
さっそく代表のK氏と名刺交換の挨拶を済ます。
やはり難しい団体との初対面は、レース直前より緊張するものだ。



ミーティングの主旨はかなり深く…↓注目です!


〜芦鵑粒倉アルプストレイル(21km)を
次回はど〜ん♪と距離をのばして36.8km(23マイル)にする計画で
略称『KTR-23』の走路の確認

協力して頂けるボランティアのレベルの向上

トレイルランの全国への普及と、走力の底上げ

っ楼莠匆颪粒萓化



(…でいいんですよね?代表!)




この4つの大骨からこれから先
来年3月に向けて準備をしていこう!じゃあ〜りませんか♪てな内容でした。



さてそこで 銑い鰺論良くつなげますとこうなるのです(大注目!!


トレイルランが普及してランナーの走力や技術もあがれば
必然的にも全国で盛り上がる。
盛り上がればスポンサーや協賛も盛り上がる。
つまりお金が集まればエントリー代も押えられるし参加賞なども
豪華とまではなくともレースの思い出となる品が配られることでしょう。

ボランティアも定着しサポートする要量および技量が向上すれば…

TTR100復活も遠くはない!と代表がおっしゃっておりました。



当然ランナー目線で参加したうまっちは
「ハコネ50」の中止や「昨年のハセツネでの事故」についてもうかがいましたところ
環境保護などの面倒なところを先に決着をつけるくらいの人脈のある方ですので
早々と難しい問題を片付けたらしい…。
滑落事故におきましては
後に代表が検証したところ「起きるべき箇所で起きた事故」
コースに危険案内看板などで注意を促すところですと…。



と言う訳でじゃ〜ん♪




代表から頂きましたKTR-23の地図の資料です。




ゴールデンWにでも試走をして
5月末のミーティングで発表しなければいけません…

つぅ〜訳で
うまっちと試走しませんか?

みなでレースに参加するのもいいですが
コースを考えたりするのも楽しいですョ☆



そして一緒にTTR100を復活させましょうぴかぴか















| KTR-23 | 12:26 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
 ∽NPO野外活動推進事業団∽略称ONE


ず〜っと以前から考えていたことがあったのです。
どこのレースに参加しても…

「熱い想いで大会を盛り上げてくれる人たち」

このボランティアの方々の存在を忘れてはならない事をσ


このところうまっちは
月に1回のペースでレースに参加しておりますが
自分の記録と感動のためにランナーとして参加することばかりでした。


たぶん野辺山100kmでも自己陶酔し武勇伝をこのブログに残すであろうが
各方面のボランティアの協力あってのことを決して忘れてはいけません。


今更ここに書けば
選手受付・走路の安全確保・給水所・最後尾併走・記録まとめ…その他いろいろ
「ボランティア」だけで超長文になりますので
お世話になった方々のことは全ては書ききれませんm(_ _)m


さてここにきて以前に「鎌倉トレイルラン」の主催である
NPO野外活動推進事業団(略称ONE)の方と接見し
ボランティアの一員として大会を盛り上げるべく微力ながら協力しようと決心しました。


丹沢や陣馬山や青梅などでランナーとして経験してきましたことを生かして
頑張りたいと思います。







トレイルランナーのみなさん!
朗報を期待していてくださいまし









| KTR-23 | 10:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1PAGES