∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽第13回Lafuma青梅高水山トレイルラン∽やっぱ書こう☆
 

いままで幾度となくレースに参加して転倒しましたが
ケガすることなく無事にゴールすることができました…。



ところがやっちまいました




しかも後日には








ご覧の通り
サリーちゃんのようになってしまったのです









ちなみに昨年は3:06:16
そして今大会は3:11:56



5分40秒の遅れがありますが
よくこの程度で収まったかと思います



それもそのはず…






今年は燃えておりました




下手な走りを震災に合いました方々に見られたくなく
気合は充分なくらいありました

走るオーラがあったのか衛生兵曰く
「練習してないのに今日のうまっちはちょっと違う…」


フフフフ…
やっぱ感じおったか





RCサクセション
昼間のパパはちょっと違う〜
夜のパパはもっと違う〜





などギャグはさておき
各大会で自粛ムードの中
復興支援レースとしまして開催して頂きましたためにも
ここはガッツの見せどころ







会場になじむも
スタート40分前にはポジション取り
しかもそこでは
ドカ練番長がゴール下を行ったり来たり…

しまいにはゴール後のイメージであろうか
両手を挙げてガッツポーズの練習をしている
恐るべし行動だ










うまっち仲間の位置取りは前に100人位であろうか…
そこから後ろを振り返ってみると
こんな状態です










毎年の作戦ではあるが
折り返しまでは温存作戦であるが
今年は「ガンガンいこうぜ!」のドラクエ作戦




ちなみにウェルさんは
ルビーの指輪作戦…




          なんなんじゃぁぁあああ〜


…と謎めいたまま
     定刻通りのスタート












流れにそむくことなく気持ちよく林道を駆け上ってゆく






やっぱ山はいい






練習不足とはいえ
基本筋トレなどの効果か
好調は更に自分を酔わす






その時である






登山道に入り下りで
前のランナーに詰め寄ってプレッシャーをかけていたときに
左足首が内側に『ポキっ』
車間距離をつめていたので足元の確認がおろそかだったせいである




「@!」思ったときはもう遅い…


転倒こそはしなかったものの
スタートしてから5kmあたりでのケガは致命的






びっこ歩きしていたら世界の宮部さんに抜かれた





はやくも
もうここでは…と思ったら







はまだ消えてはいなかった






それは今までいろんな大会で競いあった仲間の応援があったからだ

うまっちのサーフパンツをみて
「やっと追いついた」など声をかけてくれたランナーなんですが
実はどなたか思い出せません まぁいっか





左足の着地がめちゃくちゃ辛いが
登りではそれほど痛くないので登りで頑張る




榎峠に近付いてきた…




前情報によると
ハリ天さんハリマネさん女将さんの応援あり




鳴り物の中に黄色い歓声が聞こえる




美少年倶楽部としましては
カッコ悪いところは見せられない




一気にハイタッチで駆け抜ける




痛いが痛みに慣れてきた




アドレナリンのせいであろうか?






それなりに闘志は維持しながらも
折り返しを通過し再び榎峠へ






ハリ天さんが撮ってくれたんですが
これまた登りのキツいとこでカメラを構えていたから
「チビ人形」と「女将の手」をアピール







ゴールまであと4kmってとこで衛生兵に差されるも
それはそれで良しとしている





ゴールまでの長い下りで
左足がジンジンしやがる…












すでに記録のことはどうでも良かったのですが










           ありま?





いがいと早いじゃん
















【まとめ】
装備はこちらのハリ天さんの写真より


・JAPAN-Tシャツ
・アンダーアーマーインナー
・ノース 一流ランナーサイン入りキャップ
・ビラボンボードパンツ
・みたけ参加賞ししゃもガード
・アディゼロ(50%OFFランネット通販品)

所持品
・MATOI(ランネット通販品)
・600mlボトル(中身はウーロン茶)
・ザバスゼリーざます
・今年1番のハート



| ジョグ話 | 13:32 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第13回Lafuma青梅高水山トレイルラン∽
      
                




4月3日
いわゆる4月の第1日曜日

東日本大震災の為
各地でいろいろなマラソン大会やイベントが中止となる中
第13回Lafuma青梅高水山トレイルランは開催された



主催者側も復興支援の一環としての開催で
自粛だけが支援なのかと問われたことでしょう


日本人的には「49日までは…」と考えますでしょうが
国の有事となる惨事ですのでデリケートな部分もありますが
開催するとなった以上は主催者と参加者は一体となって
運営を盛り上げていくのは必至のこと







「マラソン大会などと悠長な…」などとお叱りを頂くかもしれませんが
参加者のほとんどがチャリティに協力し
また中には上記のステッカーや腕章を付けてのランナーもおりました




福島原発問題やら問題は山積ですが
「日本は強い国」と信じております









レポは今回はごめんなさい

| ジョグ話 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第63回富士登山競走∽試走編&おまけ



 
葛西臨海公園@ぐるぐる7時間走のブログアップの前に…





あすに迫った「第63回富士登山競走」の試走を書かねば
7月18日に馬返から登ってみたのですが



参加者は(有)衛生兵アドベンチャーツアーズより
社長&G3さん&素敵なうまっちの3名













            















ツネツネ団体エントリー
青葉コミュBチームじゃあ〜りませんか












朝3時(夜中ともいう)にGさんに迎えにきてもらい
御殿場経由で富士吉田市役所に到着




市役所から馬返までは車で試走なんですが
衛生兵はすでに緊張しておりましてヒャーヒャー




今回のミッションは
’亙屐岨劃此舛はち巡り
∪塚侫灰潺Bチームの親睦合宿
これが1番大切
  ↓↓↓↓
 1昨年嵐の中の鼻タレ泣きべそ写真を更新







                   ちなみにその写真はこれだっ











                    へ へ
                    の、の、
                     ―



















…と貼ったら衛生兵が怒りのランボーに変身してしまうので貼りませんが
興味のあります方はこちらのブログの深いところまで潜ってくんなまし









お天気は上々…



実はごめんなさい
Gさんの荷物が重いからって
軽くするためにGさん所持の500mlを飲んであげました

ホントは飲みたくなかったのですが仕方なかったのです
(すでに三合目で出来上がったうまっち)
















五合目では

下から持参したポテチがパンパンになる










つまり人間の肺もこのような状態に近くなるのでしょう







パンパンといえばドンドン






それでは一曲
ドンドンパンパンドンパンパン



















お喋りしながら山頂を目指しておりますと
後ろから早い女子ランナーが追い上げてきたっ





やはり道志村トレイルの女傑と呼ばれるランナー
(以降ギャルのまダッシュさん)






ドラゴンクエストのパーティじゃないけど
ギャルのまさんが仲間に加わった








Gさんと衛生兵が遅れるなか
結局うまっち&ギャルのまさんで登頂
後続を待ったところでお決まりの1枚









ミッション
おはち巡りなんですが
(有)衛生兵アドベンチャーツアーズの軍曹は
おはちでのウルトラを野望の1つに掲げておりますが…








ちょろっと走ると「ヒーハー小杉」






誘われたら丁重にお断りしよう











山頂から東京神奈川方面









こちらは伊豆半島方面








富士山の火口はこのようになってます
穴をのぞくのはHかもしれませんが
ここは遠慮なく パシャっと







浅間大社付近では携帯電話(ドコモのみ)使えます











そうそう郵便局もあるんです
ラブレターもこちらの消印がありますと
「君のために登った…」などと特別な手紙になるかもね







次の壮大な景色は長野方面です


うまっちの乳首の位置が確認できますが
そこは凝視しないよう













おはち巡りがおわりますと
お決まりの一発をチャージ#











そして下山なんですが…
















実際の斜度はこんな具合

















下山途中に明日の予定の確認
(有)衛生兵アドベンチャーツアーズは翌日19日に
南アルプス甲斐駒ケ岳(黒戸尾根)アタックを予定の話をしましたら
ギャルのまさんが
「わたしも甲斐駒に連れてって」っつ〜ことでドタ参加決定








おそるべしギャルのまさん…













もちろんその夜はえない訳はありません…









そしてアズさん夫婦と合流
アズ夫人は松たか子に似ててなかなかの美人さん


写真がないのは残念ですが…
三次会までいっちゃいますたぁ

















7月19日 華麗なる二日酔い


Gさんの車の中で

う「おりは行きたくねェ!」

衛「7-11で漫画でも読んでればっ」

う「漫画喫茶で1日待ってるからお前らだけで行ってこ〜ぃ」

G「お〜甲斐駒が見えてきたぁぁあああ」











駐車場にてセルフタイマーで写真を撮ったら
撮れたかと近づくもOKが早すぎフライング…パシャ















しかも熊が出るらしいのですが

に注目
一度おいしい思いをすると
同じ場所に出没するらしいのですが…
「ヤクザvs熊」
おいしい思いとはこれいかに?










登山道入口なんですが
こいつ…トトロに出てくる「こだま」に似てませんか?
あとから思えばやっぱ妖精がいたに違いない



















観念したうまっちは
二日酔いの…










二日酔いの…














二日酔いの…












何故だか元気の酒パワー














コロボックルの森を連想してしまうも























うまっちは気付いたのです
この森は何がいいかと言いますと
バランスが丁度いいのです


草や木
はてまたはコケに至るまで
全ての要素が揃っているのです


豊かな植物は水を蓄え森を守る
だから動物たちが暮らしてゆける…


等など話をしながら歩いていたら
まじに鹿と遭遇










信仰ある山だけに
不思議なチカラがあったのですが…















やってることはいつもと一緒















甲斐駒ケ岳で2967mを体で表現














パワースポットで
違うパワーが付いてしまった




























大丈夫なのか
あすの富士登山競走…








| ジョグ話 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第12回北丹沢12時間山岳耐久レース 2010.07.04∽



また今年もこの大会の日がきた








それは…





















北丹沢12時間山岳耐久レースっ!                        (パフパフドンドンドン)だけどスタッフ















大会の1週間前に試走しましたが
典型的な梅雨空の下
「こりゃ当日も雨だったらここは登れんな」

                                    6月27日・鐘撞山にて












ここから先の大室山手前分岐の登りの心配をよそに
レース前夜からしとぴっちゃん









さてさてレース当日ですが
ランネットに怒りのレポがあるように
朝からの駐車場の案内には問題があったようで…



うまっちたちは
当日04:45に現地入り
この時間では駐車場もパニック状態ではなかったのですが
うまっちは大会役員専用スペースに止められるので
そこんとこは安心






お?まさにこれは去年と同じアングル…放置プレイ

                            雨なのにヤル気まんまんの衛生兵










今回は世界の宮部さんとあおぞら夫人もスタッフ参加の予定でしたが
あおぞら夫人は足の指骨折のためスタッフDNS…お〜まいが








任務は去年と同じで
平丸分岐(上下)にて選手通過の確認&応援

              今年のスタッフTシャツは幼稚園の先生みたいでイマイチ











06:30
号砲1発
一流ランナーを筆頭にランナーが平丸分岐(下)を駆け上がってくる

一位通過の選手は走っている

以下続々と選手らが登ってくる

この瞬間はいつも興奮してしまう





ここのポイント平丸分岐(下)はスタートしてから3km地点
2kmの舗装路を渋滞を避けるべく猛然とダッシュし
初めての登山道の登りきった地点であります

もちろん後方のランナーは渋滞します
ですから少しでも前へとしのぎを削る位置でありまして
すでに息が上がりまくり心拍数も最高潮のことでしょう










ランナーの皆さんの心拍数に負けないくらいに応援をしました












知り合いの選手も数多く出場しておりましたが平等に
「またここに数時間後は戻って来〜いっ」
と心で叫びながら精一杯の気合の応援をしました












お?衛生兵よ
今年は幾分か調子がいいんじゃないの
余裕があるように見えたぞ















一通り選手を見送ったらば
ここからが本日の最大のミッション開始










平丸分岐(上)ゴールまであと5km地点でミニエイド
ここは姫次からの稜線の終わりで
普通に帰れば30分でゴール出来るポイント










じゃ〜ん

平丸分岐の峠の茶屋









世界の宮部と2往復のボッカで上げたのですが
いかがだったでしょうか?


スポドリの味を一掃すべく用意した冷たいお茶は
気分転換になったかと思うのですが…
















そしてまた
待ち人着たらず
















番長・まりちゃん・せいどんさん…ets
















最終ランナーとスイーパーと平丸分岐(上)を後にする











最終ランナーは
両手に荷物を持ったうまっち達より遅く
またゴールしたときはうまっち達より感動してた


















ん…衛生兵ですか?
















そのときヤツはいやしの湯にて
すでにビールを楽しんでおりました













記録は6時間57分26秒












ほめるべき点は
昨年より悪コンディションコースでの大幅な躍進












指導すべき点は
レース後の勝利の一服

















| ジョグ話 | 19:25 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第9回24時間in東京ゆめのしま∽
 正式名称
第9回24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま

1ぐるで1円の募金に相当するそうです


ワールドカップ南アフリカ大会
日本vsオランダ戦のさなかに24時間リレーマラソン&個人走が
東京夢の島で華々しく開催されました


すでに新木場駅にはグループの待ち合わせで
静かな休日のはずがワイワイガヤガヤの賑わいで
吉野家の牛丼新木場店もびっくりしたことでしょう







競技場敷地内ではすでにチームの陣地作りに追われておりました

てか特に探したつもりは無いのですが
すぐに見つかるのがチーム楽ランでありまして…














そんでもって個人参加のうまっちは
個人テントに移動なんですがっ!












おぅ
かなけんさんと夢の島2ショット
(ど〜ゃウェルさん


















なんだかんだと他の選手と雑談しているうちに
13:00スタートなんですが緊張感ゼロ


MCのみどりちゃんのマイクパフォーマンスで
無理やり会場を沸かせようとしているのですが
笑い声の中をスタートです












チーム楽ランの応援陣です


のちに
左すみのブルーのシャツの彼(通称まっつん)がチーム楽ランのキーとなる

















ここで優しいうまっちは
来年以降に参加するランナーのため
さらには試走を考えている皆さんのため
簡単にコースを説明しましょう
(偉いぞ!うまっちキャーキャー)









お?時計が1時間10分

競技場のゲートをくぐり外周に出たら競技場を時計まわり




中央には建設中の東京スカイツリーが見えます
まだ半分の高さですので完成したら
はっきり観覧できることでしょう









外周に出たらメインスタンドの裏手のストレート




階段をアップで撮影しますと志村けん軍団

ランナーが
「アイーン下さいっ!」というと





そろって
「アイーン」するんです





笑うしかありません



















メインスタンド裏のストレートを過ぎましたらエイドステーションがあるのですが

東京の水道水の味はいやはやなんとも
石原都知事さん!なんとかしてくれぃ
(ちなみにちょい先に1km表示あり)












バックストレート






そして競技場内のトラックを1周













リレーチームのタスキゾーン


















しばらくしますと余興でいろんな催しがありました






と同時にゴミの山

目を覆いたくなるどころか
臭くて鼻もつまみたくなりますが
息ができないのでつまむ訳にはいきません





てか
ここはギャグで流す訳にはいきません

ランネットのアンケにも書きましたが
トレイルランでこのようなことがあったら
ゴミを捨てた選手は即刻競技中止を命ぜられます
(これでもスタッフが片付けている方)

30度を超えた日中に
オレンジの皮の酸っぱい臭いと
バナナの皮の傷んだ臭いに
飲み残しのアミノ系スポドリの混ざった臭いは
決してフルーティなものではありません















まぁ文句はこの程度にしまして

6時間の部のゴールも近くなってきたころ
銀座氏より差し入れ(お〜気分転換に最高のタイミング)
東京都水道局の水にうんざりしてた頃の一発は
アントニオ猪木のビンタに匹敵

暑さで間一髪が缶1一発で助かったわぃ












競技場内では出展ブースも賑わっておりまして
定番の焼きそばやフランクやカキ氷などの販売もしておりまして

うまっちは
・焼きそば
・カキ氷(いちご味)
・きゅうり1本漬け
以上を時間をあけ順番で購入



















本日用意したシューズは
左がNB-RT800  右はNB966(寛平モデル)

スタートは寛平モデルで走りましたが
しっくりこないので早めに履き替えました












夢の島の夕陽をあびながら
















夜も更けてきたころ
衛生兵アドベンチャーツアーズの副社長
(以後ドカ連女番長)より差し入れ&陣中見舞い
・コーラ
・カニかまぼこ
・Wゼリー
・ゆでたまご




















サプライズエイドステーションでは
果物や甘味やドリンクなど
(中にはビールのおつまみ?みたいなジャーキーも)   





















照明灯にあかりが燈り
完全にナイターとなりました

















タスキをかけているのがリレー参加で
かけてないのが単独走です
W杯をラジオで聞きながらのLSDですが

1-0もヨシとしますかっ













深夜の突然の雨にテントがかなりピンチになりました
お産でいいますと臨月状態で
もう少し雨が降りますと

                  いっきにバシャーン寸前






ここで2時間の休憩
「休憩は取っても仮眠はしない」
当初の目標でしたが…無念(改め夢念)







夢の島というくらいですから
いい夢を見たのではとお茶の間の皆さんは思いでしょうが
2時間ほど気絶
起きてはまた走り
そしてまた2時間ほど気絶






明けない夜はないように
きちんと朝はやってきた








気持ちは完全にブっ飛び
もぬけになってしまいそうになる…






スタンド裏のストレートでは
周回の度に楽ランのみんなが応援してくれる






追い越し様にも
「うまっち!ファイト」と声をかけてくれる





体脂肪率40%超えのまっつんにも簡単に抜かれ
かなりの疲労感がドーンとくる







長い夜というのは松山千春
(ちなみにスキンヘッドになって嫌いになった)
夏至の前夜のレースですから
実際に夜は短い








なんでか不明なんですが
100円で販売していた水も
この時間から無料になったのはなんでだろう?
(そういえばテツandトモのなんでだろうはどこいった?)


















ゴールまで時間が見えてくると
単独ランナーは全チームが応援してくれる

とくにこちらケセラセラチーム(合ってるでしょうか?)
チーズケーキまで頂きましたしかも「あ〜んサービス付」











いうまでもチーム楽ランも終止応援は途絶えませんでした

うまっちには渡すタスキも無ければ
もらうタスキもありません…





しかしながら
楽ラン陣営の前を通過する度
24本のタスキをいっぺんにもらい
24本のタスキをいっぺんに渡す気持ちでした













自分的にはみんなの応援でうるうるしているのですが…

















仮想集団は

                                ゴール間際の仕込みの準備
















最後の1周は
このノボリをかかげウイニングランのような周回

大人になって「友情」を感じそのままアフターへ流れ込む













衛生兵からの帰宅命令を無視し


24時間を楽しんだうまっちでした












本日のまとめ
シューズ:NB-RT800&966
タイツ  :バイオテックス(メッシュ)
パンツ :いつもの
シャツ :楽ランTシャツ
小物  :W杯拝聴携帯ラジオ・アームガード
ハート :ヤル気80%

記録  :不明のため後日記載
      (予定の半分しか走れませんでした)











| ジョグ話 | 21:46 | comments(7) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第1回NATHAN秩父の名峰・武甲山トレイルラン∽
 


夫赤ちゃん
    (おっとベィビ〜)



      ↑これ衛生兵が爆笑したギャグです






なんやらかんやらと忙しく
武甲山トレイル(27km)のブログアップはパスしようと思いましたが
時間ができましたのでサクサクっと更新しますね









第1回となりましたスポーツエイドジャパン(代表・館山氏)開催のトレイルランに参加してきた



お祭り&ボッカ&富士忍野と重なるなか
ボッカの予定が人数集まらず(世界の宮部のせいΨ)
武甲山トレイルに参加しました



到着するやうろつきますと代表の館山氏に遭遇
更にはスタッフでPIさん&ぺこぱこさん


PIさんに至ってはAKB48の補欠49番目のコスプレサービス









そしてこちらが武甲山でありまして…
セメント鉱山として有名であります

スタート地点から撮影







開会式では
かつての武甲山の話を館山氏が説明をしておられましたが
コンクリート業界に君臨すること20数年…








複雑な心境であります









青葉コミュAのとよっちと現場で遭遇もしましたが
カメラに収めることが出来ず残念〜っ!





(by波多陽区)ちと古いか?
空気抵抗の少なそうなサングラスが
とても素敵








しかしながらなんのなんのっ!
雁坂制覇のモトチカさんハケ―ん#
(てか▼うまっちらが発見されたんですがね)






















緊張感なくスタート(09:30)

集合場所でもある羊山公園を1周







林道から登山道に入るも
お約束の即渋滞…

なんですが
参加者を抑えているため
止まるような渋滞は無し@つまり休めない











里に降りると地元のみなさんの応援太鼓もテンツクテンテン







秩父連峰の景観



武甲山からの景観はイマイチでしたが
ここからの景観はまずまずでした












そうそう…
この大会はエイドが充実しているのが判っていたので
まる腰でスタートしたのですが
ここだけが水場に困ったところです

天然水を頭からかぶり汗だらけのバイザーを洗ったりしてたら
ここでどうやら衛生兵に超されたらしい…


普通だったら声くらい掛けてくれても良さそうなもんだが
小さいヤツだからヨシとしよぅ(負け惜しみ)










抜かれたのも気付かずエイドでは
おかゆ&サンドイッチを楽しむうまっち
















林道から舗装道に出ると…













そこは別の世界です










ご覧の通りセメント工場の脇を7km程走るのですが
開発と保護のじれんまを感じながらうまっちはゴールを目指しました









ラストスパートでは
先にゴールしたとよっちの声援が
ガッツリ届いた







ゴールではスタッフが1人1人にテープを張ってくれて歓喜のゴール













ここでお〜まぃに気付く…


年代別優勝&しかも5000円の商品券ゲット

















いやはやなんとも…




















本日の装備
上から順番
・速乾Tシャツ(楽ランプリント)
・ロード用グローブ(アシックス)
・タイツ(バイオテックス・ノース)
・いつもの勝負トランクス
・ラッキーチャッキー

装備は書きました通り手ぶら
おっと!ポッケにデジカメ

ハートやや乗り気ぎみ








記録
衛生兵  04:02:24
うまっち 04:06:57
(放置プレイでお願いします)
| ジョグ話 | 18:33 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽衛生兵アドベンチャーツアーズ∽
 

実は(有)衛生兵アドベンチャーツアーズってのを勝手に立ち上げ早くも半年近くなりました


その足跡を書きましたらキリがありません…








振り返るように写真を見たのですが
いちばん左の笑っている男性の名前が浮かびません



どなたかお知り合いの方がおりましたら連絡を下さいますようお願いします
(もしかして丹沢の亡霊?)

                                 丹沢練習会にて











さて、このところ都岳連の運営に疑問を持ち始めましたうまっちですが
ハセツネの団体エントリーに盛り上がってきました今日このごろ…



クリクリ戦争に勝てば
「いっちょ頑張ってみっか」となりますが
果して週1ランナーとなったうまっちが
どこまで通用するのかは乞うご期待☆








ちなみに今後の参加登録レースは
・4/16道志村
・6/6武甲山
・6/19〜20夢の島24h
・7/11葛西臨海7h
・7/23富士登山
以上の5レースです



その他エントリー準備としまして
・雁坂峠
・ツネツネ
・神流
・みたけ



お?8月を除けば毎月じゃん















| ジョグ話 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽北丹沢練習会∽


ゴールデンウィークもすぐそことなりました4月18日

北丹沢から蛭ヶ岳へのアタックを試みたのですが
こりがまた
にっちもさっちもど〜にもブルドックわん





朝6時にウェルさんが迎えに来てくれた時は
正直なにも考えておらずハイキング感覚でいたのですが
丹沢が近づいてくるにつれて
「なんか白くねェ?」とお喋りしながら到着したのは神ノ川ヒュッテ

サクラも残こる駐車場の利用料は300円

駐車場のおやじさんに見送られ
おっといきなり
お〜まぃが

お天気は風もなく最高のトレラン日和なんですが
いたるところに先日降っただろう雪があちこちに…






北丹沢12時間耐久レースの第2関門から姫次を目指したのですが
トレランシューズとは言え雪道ではキックが効かず登りつらいのなんのって
ズルっとなるはクリンとめくれたりで筋トレ雪上ガマン大会のような前半





 

    

当初の予定では
世界の宮部氏が丹沢山峰の蛭ヶ岳に行ったことがないっつんで
蛭ヶ岳をコースに盛り込んでいたのですが
装備不充分かつ衛生兵がシモヤケになっちまうってことで
姫次より青根へ廻っての下山ルート





ご覧ください





こ〜んなに雪があったんですよ

そしてこの身軽さは山の神にとりまして失礼と判断








うまっち的には
もっと雪山を楽しんでいたかったのですが
万が一の不慮の事故も考えられるので下山に賛成






青根からの下山とはいえ
雪の積もった激降りは…










      楽しすぃ〜


いけないことだけど
楽しすぎてブッ飛ばし過ぎちゃいましたぁ

 

 





後続を待つ間に芸術に目覚めたうまっちの作品は


















一本橋ではかなり慎重に渡らないと滑落してしまいそうな箇所もありました


落ちたら「痛い」じゃ済まない高さです
一人づつ順番で渡るのでした





 

 

ぱんぱかぱ〜ん






 

林道までたどり着きますともう安心

お昼休憩のあとは舗装路をひた走り神ノ川ヒュッテまでひと走りなんですが…









衛生兵曰く
「あの山なんて〜の?」



うまっち曰く
「地図みりゃい〜じゃん」



ウェルさん
(地図を差し出す)



衛生兵曰く
「北はどっち?」



ウェルさん曰く
「ここでコンパスがいるんですョ」



衛生兵アクション      



人さし指と親指を地図に重ねる…




周辺爆笑




ウェルさん曰く
「手磁石っすか?」










方角の見方や等高線の読み方などを
世界の宮部氏やウェルさんに教えてもらい
少々地図が読めるようになってご満悦の衛生兵

























(有)衛生兵アドベンチャーの冒険書はまだまだ続くのでありました












                                 おしまい











| ジョグ話 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽三浦半島縦断トレイルラン∽試走編

 

まず先に…


ボスっこのコースは厳しいっす




つ〜訳で三浦半島縦断トレイルラン試走を開催してまいりました






大会開催は来年2/19(土)と
まだまだ先のことですが下見を重ねておかないと
時間内完走は無理かもヨン様
(てか…「ヨン様の微笑みにはウラがある」と思うこのごろ)







第1回目の試走は3月21日に

うまっち団&野外活動推進事業団のホムペより参加で
中間地点の不動橋まで走ったのですが
ボスから渡された資料をもとに手探り状態でしたので
第三関門にて打ち切りと相成りました











そしてまた懲りずに4月11日に集合



8時に港南台駅集合したのですが…
ウェルさん&世界の宮部さんは現地まで走ってくるとい健脚ぶり

+まりちゃん







おおむね08:30ごろスタートしたのですが
林道入口の消防署までは歩いて
走り出したのはそれ以降
12名で走りますと
なんだか新入社員の研修か訓練を想像するような感じでありました







林道入口








鎌倉天園手前分岐からは

シングルトラックが多く渋滞も予想されますが
鎌倉アルプスと異なり
ハイカーも少なく走るには気持ちの良いとこです






意外と攻めの下りもあったりして
初心者には厳しいコースですので
鎌倉と同じ気持ちでエントリーしますと後悔することでしょう…








滑りやすい沢を下ったところで
ようやくCP-1東朝比奈切り通し

 

1回目の試走では地図や資料持参でも
ここまでたどり着くのがやっとの思いでしたが
1度来ているのであっさり来れました



初めて来る人は
たぶん無理というか
よほどボスの性格を周知していないとCP1で迷子になることでしょう











ここがCP2東朝比奈ふれあい公園ですが

なっ!なんと
ボスが先回りしているじゃあ〜りませんか
ふれあい公園の名の通り
ボスとのふれあいに参加者は驚きました





ここの門限がスタートしてから2時間〆ですので
厳しすぎるので2時間30分と変更予定


そこそこ足のあるランナーが揃って
寄り道やら休憩やらを挟んでしまったのですが
うまっち団が関門ギリギリで到着するのですから
お初ランナーはここでアウチになる方が多いことでしょう…

時計の件はうまっちが主催者に相談してみますおまかせ下さい

 

 






CP3鷹取山です


ロッククライミングが盛んなところでありまして
本日も多くのクライマーがおりました


こちらの岩の頂上がCP3ですが
クライミングでは登りませんのでご安心を…
















程よい尾根道を下りCP4を目指す













第二関門でもある板取公園CP4では
さすがにボスは先回りしてはおりませんでした


てか…
先回りしてブランコで遊んでいたら
逆に恐ろしくて仕方ありません








CP5乳頭山あたりでも
気持ちの良い?トレイルを体感できると思います










「これが道かよ?」などなど
迷わすボスとの戦いにも
ようやく中間地点CP6不動橋に到着






なんとここでサプライズ参加のタッキー&ボスと合流


さすがにボスを翼とは言えませんが
ここまでの経過と感想を報告





もちろん本日は「ゴールまで」ということでしたので
少々の休憩を取り13名で大楠山を目指し再出発




ここから先は初めてですので
またまた手探り状態なのかと心配しましたが
CP7大楠山にはあっさり到着
道中はひんやりした空気の中を走り
森と潮風を共に楽しめるコースでありまして

三浦半島が一望できます


    左側が東京湾                       右側が相模湾





(おっとここでの売店ではビールの販売もありますが…)








CP8山科台給水棟




またまたマニアックな道が続きます










CP9ではすでに時間内完走が無理となり


急遽ボスもランナーとなってしまう
CP10武山山頂もサクサクのボス







誰しもが
「年寄りの冷や水」と思うも
いやはやなかなかヤルじゃん

















本来ですと写真中央あたりがゴールですが
CP11津久井浜にて本日は解散













帰りの道中では
京浜急行がお座敷列車となってしまい
横浜西口の居酒屋に吸い込まれてしまったのは言うまでもありません













本日…
試走に参加していただきました皆さん








                おつ

                                     でした













走るように書き下ろしましたが
走っていたので仕方ありません



コース詳細は試走∋鄙と案内していく予定です



予定は未定ですが
海の日を山の日にと考えておりんす










「われこそは
と名乗られるランナーさんがおりましたら
ご連絡下さいませ〜

| ジョグ話 | 13:53 | comments(3) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第12回 青梅高水山トレイルラン2010∽


∽第12回 青梅高水山トレイルラン∽

           &ひさびさ更新



             

2010年4月4日
この日はハセツネ30とレースが同日に開催されたのは
すでに問題となっておりますが…


去年も頂き折り返しの証「お守り」を返上すべく
高水山トレイルに迷わず参加しました


天候は春に3日の晴れはなし
つ〜ことで曇り空なんですがレースには最高のコンディション


2月に(有)衛生兵アドベンチャートラベルサービスで試走したときは
山頂は雪でありまして寒いのなんのって↓↓試走の様子









さてさて受付をササッと済ませ準備に取り掛かるところで
世界の宮部さん&まりぱさんと合流…なんですが
約束もしていないのに何故に一緒になれるのか



スタートは10時
渋滞を避けるべく
なるだけ前から出走できるようスタート地点に移動したのは9時15分
塾長のウェルさんはすでに待機しておられました



先に塾長の成績を載せてしまいますが
なんと総合7位
リザルトを見ますと6位までのランナーはゼッケンナンバーが1ケタと2ケタ
3ケタナンバーでは1位に改めて脱帽です












うまっちのレース展開ですが
3時間程度と予想を立てて「2時間は抑えて走る」という
シンプルな作戦なんですが…




抑えているのかスピードが出ないのか
世界の宮部氏にはどんどん置いていかれる始末…




置いていかれるどころか
激上りでは衛生兵に追いつかれてしまい
前半は妻とバトルになってしまう展開が続く




強くたくましくなってゆく妻の後ろ姿に
落合夫人や野村夫人をつい重ねてしまう…



嗚呼 衛生兵よ
おまえはああなってしまうのか?







苦しい展開もそれなりに余裕をもって
折り返し地点の神社の上りで世界の宮部氏とスライド
神社には衛生兵が先に到着っ




取り急ぎ神社で新しいお守りを頂き昨年のお守りを返上
まずは肝心なミッションを遂行(紫→赤)




後半に温存していたため足には余裕たっぷり





赤いお守りを首にかけ
トレイルゾーンの激下りを駆け抜ける




しばしの快感



前はガラ空き自分のスピードで走れる





ここで世界の宮部氏の前に始めて前に出る





更に下るとようやく衛生兵に追いつく




正直に驚きました…




衛生兵よ
もはやあなたは
落合夫人や野村夫人どころではない…




そう



デビ夫人と同等の風格すらあります







お楽しみ区間も終わり
上りロードでなんとこんなところで生理現象が…
緊急事態発生するも
あわてずあせらずコースを外れオーガニックスタイル





衛生兵に遅れ、世界の宮部氏に遅れ追走する後半の展開




上りでどんどん離されてゆく…




練習不足を身に染みて感じながら後追いをする




下りですぐに世界の宮部氏に追いつくも
衛生兵の姿が見えない








スタートしてから3時間06分ゴール到着








てか衛生兵よ…
そんなところで何をしているんだ?



















まとめ
シューズ:ラッキーチャッキー
タイツ:バイオテックス(メッシュタイプ)
パンツ:いつもの

アンダーアーマーT+北丹スタッフTシャツ

所持水:ボトル500ml+クエン酸















おまけ







| ジョグ話 | 09:30 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/9PAGES
  • >>