∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽ラッキーチャッキー∽おわかれ編
 


やぁぼくチャッキー

                                     なかよくしてね



「ラッキーチャッキー」で連想してしまうのは
おそらくこのような貼りの人形ではなかろうかと思いますが…







うまっちと面識のある方ならご存知でしょうが
ノースフェイスのトレイルラン用のシューズでありまして















ついに現役引退ということで
機能&システム公開に迫ってみました


アッパーとソール中



アッパー内部とソール底部
べろ裏には「MADE IN CHINA」
外側かかとが磨り減りミッドソールまで痛んでおります





メーカーさんもドキドキはらはらの更新になるでしょう





まずはこの段階でソールとアッパーの切り離しですが
側面はスルスルといきましたが
つま先とかかとの切り離しには苦労しました


特にかかと部は縫合と接着剤との併用で硬かったです
写真のカッターでは刃を破壊する威力でした







まずは苦戦しましたかかとの部分ですが
このような樹脂のプレートが入ってました

爪で弾くとコツコツと音がします







さらにソール部を解説しますと
グレーの部分はやや硬く黄色い部分は柔らかいです
(指で押して確認)


かかと部の赤いXX模様とXXの上部
黄色い波型に包まれている赤い部材はかなり硬いです


この硬い部分を絵で表しますと

このようなパターンで組み込まれてありました








やはりかかとには衝撃吸収のため柔らかい材料が使われ
崩れ(へタレ)防止のためか硬い材料でサポート






土ふまずには
機能性ソックスにも似たような型で
硬い材料が使われており

以外でしたのがソール中央に
右左右左と4本に綾状に渡りがありました


おそらくヨコの歪みに対応するべく
組み込まれているのでしょう…






















これでラッキーチャッキーのメカニズムはお判りになったと思います























そしてこれらを縫い合わせますと…





































                           キャー



                                   
| 雑談 | 09:49 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽ゴールデンウィーク/2009∽
誰が名付けたか王冠2ゴールデンウィーク王冠2




2009年のゴールデンウィークより全国の高速道路が
どこまで行ってもETC限定割引で¥1000財布乗り継ぎ別

いろいろと平等性に欠ける部分もございますが
四の五の言っても仕方ないので[:がく〜:]さっぱりここは流しましょう





海外では豚インフルエンザ豚など(後日に新型インフルエンザと改名)騒いでおりますが
外国に行った事のないうまっちにはどこ吹く風ノーノー
(ホントはお金と時間に余裕が無いだけですショック
近場でゴールデンウィークを満喫しましたので始終をブログに更新します鉛筆2









4月29日
丹沢山塊三の塔トレイルランジョギングジョギング
この日はお天気にも恵まれ絶好の登山日和富士山
ウゲゲゲびっくり朝一番の横浜線で世界の宮部氏と遭遇



彼は独りヤビツ峠LSD練習を華々しく開催するようですが
どことなく寂しそうでした…




うまっち&衛生兵は三の塔トレイルランと決めていたので
遊んであげませんでしたバッド




なんで三の塔トレイルランにこだわったかと言うと
のまダッシュさんとの練習会の記憶があるうちに走りたかったからです


別に世界の宮部氏と遊びたくなかったという理由じゃございませんラブラブ





小田急渋沢駅からは前回は大倉までバスバスを利用しましたが
もちろん今回はバスバスなど使っておりません



ガンガン走る衛生兵…
ガンガン上る衛生兵…
野生の鹿と遊ぶ衛生兵…


うまっち&鹿で?など苦しい突っ込みはおヤメ下さい…







鍋割山では名物の鍋焼きうどん¥980↓↓↓↓↓

こんな山中で本格的な鍋焼きうどんが食えるとは…



山荘へ立ち寄るボランティアの方々が
下から牧や水をボッカ(担いで)で上げての集大成ぴかぴか
山荘の親父さんだけではなく皆さんに感謝せねばショック


てか…こんど機会があったらボッカに協力してみよっとひやひや思っただけ
(観覧者でご興味のある方はいませんか?)



      









                   お?














そう言えば
世界の宮部氏が興味があるようなこと言っておったのぅ…







鍋割山から鍋割峠に向かい沢下り↓↓↓↓↓








里へ下りて来たら足柄茶でしょうか?

まる〜くキレイに刈り込んであるところが
潔くて気持ちいいラブラブ







全ての行程を走覇しYSC十日市場へ戻り
いつものように太陽のトマト麺にビールを楽しみに行きましたら↓↓↓↓↓



なっ!なんとびっくり


看板の裏っかわに
鳩が2羽鳥挟まっているのを
横浜消防署レスキュー部隊による世紀の大救助拍手拍手拍手




鳩はそのままお礼も言わず飛び去ってゆきました











4月30日 5月1日 5月2日

つつがなく任務に成就チョキ










5月3日

この日は衛生兵のぴかぴか楽ランデビューぴかぴかの日

高尾〜小仏城山〜陣馬山のトレイル練習会ジョギングジョギングジョギング

楽ランのメンバーさんと
「楽しく」そして「激しく」トレイルランの練習会をしてまいりました


転倒してケガをした人 ― 多数
そのうち1名     ― チンピラの喧嘩のあとのような怖いケガ






怖い画像を貼りますとVシネマのポスターと間違われてしまいますので
楽しいところをチョイスしまして↓↓↓↓↓










          するとここで…










「うまっちさんっ!」と声をかけられました↓↓↓↓↓



むむむショック
コメントを頂きましたiwakiさんと偶然にも…

これを更新したらリンクをお願いしよっとURL










帰りはR20大垂水峠LSD↓↓↓↓↓



↑↑↑↑↑そしてお決まりビール















5月5〜6日

読売旅行バスツアー
上高地・斑尾高原1泊2日のバスバスツアーに参加してきました

当初の予定では斑尾高原でトレイルランを楽しむ予定も
あめ雨天のため撃沈下向き






仕方がないので観光に全神経を注ぎましたちっ








上高地では
まず出迎えてくれたのが↓↓↓↓↓

ちょっとアップぎみですが
おそらく観覧者さまは原寸大でお手元のパソコンでご覧になれば
この大きさでしょう









両生類の次は魚類です↓↓↓↓↓

見えづらいと思いますがヤマメを発見









魚類の次はエテ公です↓↓↓↓↓

雁坂峠で見つけたエテ公はすばしっこかったですが…
ご覧下さい!堂々たるこの姿をっ











…とこんな感じで上高地を満喫し
斑尾高原の宿に移動










斑尾高原の朝霧の中↓↓↓↓↓












うまっちは真っ赤なバラに包まれ
ゴールデンウィーク2009をガッツリ楽しみました





















         !














すっかり野辺山100kmのこと…忘れとったひやひや
















| 雑談 | 12:31 | comments(12) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽鎌ヶ谷市PTAゴルフコンペ∽
2月16日
この日は数年ぶり…いや5〜6年ぶりであろう
ゴルフコース(しかも240人も集まる大コンペ)をラウンドしてきましたたらーっ

前日の日曜日に打ちっ放しで調整するも
調整というのは出来る人が使う言葉でありまして
うまっちの場合ですと「勘を取り戻す」と言うより
「覚悟を決める」という思いで練習しました…


無論ちょいとばかりクラブを振り回しても何とかなるものではありません







そんな心配をよそに
16日の朝は無情にも定刻通りにやってきた…



せめて最悪の遅刻だけは避けねばと
集合時間の2時間も前に鎌ヶ谷カントリークラブに到着してしまったのですが
ランナーの習性であろうか近所をぐるっとひとまわり@


なんと!日本ハムファイターズの練習場をハケーンびっくり
ちょいと1周↓↓↓↓



ダルフィッシュくんもここから巣立ったかと思うと
「まぁ楽しいうまっちと同等の男前度だから」とうなずきながら
早朝ランを楽しむのでした…






魔の08:49
いよいよニョロうまっちのティショット!





素振りする風切り音はナイス音っ





狙うはフェアウエイのド真ん中…




ギャラリーはうまっちに注目する




静まり返るティグランド…





渾身の一振りは






      ナイスちょっと下向き








言い訳は最大の人生の汚点になるので
何も無かったように組にもどる




飛ばない弾道ですからOBがない…



運が良いせいか
お池にはまることなく周回したので
ペナルティもない




なのに午前中は58のスコア
午後には57のスコア



ボールは1個も無くしてないのにあら不思議






お風呂に入り最終組を待ち
いよいよ表彰式なんですが…
なんと司会が日本ハムファイターズ二軍球場のウグイス嬢のお姉さん拍手拍手拍手


球団マスコットも駆け付け
会場は盛り上がりました↓↓↓↓↓







記録は散々な結果となってしまいましたが
楽しくコースを回れたのが唯一の救い







そしてこちらが当日にご迷惑をかけてしまった皆さん↓↓↓↓



誠にすいまめ〜んたらーっ









そうそう
優勝した方の商品なんですが↓↓↓↓↓


自転車+他もろもろなんですぅ


しかもすぐに町内を巡回できるように
「安全パトロール実施中」の黄色いプレート…





これには会場も苦笑でした








やっぱさ
ジョグとゴルフの二足のわらじは
無理っちゅ〜ことで…








てか「わらじでジョグやゴルフをするヤツなどいないわ#」
などと突っ込みはお止め下さい














| 雑談 | 15:17 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽横浜ベイスターズ∽
雁坂峠の健闘も虚しく足の痛みが残る9月17日

横浜スタジアムで
『読売ジャイアンツvs横浜ベイスターズ』の野球観戦にいってきました↓↓↓↓↓



横浜市民でもあり
同じ市県民税を払うもの同士ですので
この20年間ず〜っと応援しておりますσ

夢を見させてもらったこともありました…


忘れもしない1998・10・8
優勝を決めたその日は甲子園

大阪まで行けないファンは横浜スタジアムに集まりオーロラビジョンでの観戦でした。
(のちにこちらの優勝記念ビデオにうまっちはハッキリと2秒写っております。なおフジテレビの朝の番組「めざましTV」ではインタビューされちゃいましたてれちゃう




あれから10年…
「お前ら何やっとんじゃ〜むかっ」とぶっちぎり最下位怒りマーク



これはうまっちの声ではなく
ライト側の外野席の声を総括したものでありましてしょんぼり


高橋由伸の背中に怨念パワーを送るも↓↓↓↓↓








あっさりとまだ3回なのに6点も先制されてしまう↓↓↓↓↓









ジャイアンツの豪華な投手陣とはいえ
「あのピッチャー…誰?東野?」ってな知らないヤツから1点も取れんのはなぜじゃ〜









ウルトラマンだって旗を振っての応援(まじの円谷プロダクション)↓↓↓↓↓










応援の成果か内川選手の2ランで完封負けは逃れたものの
イライラが残る試合でした。











完全ビリ確定だけど
まだこんなにたくさん応援してくれる人がいるんですね












うまっちなんかサ
数人の応援で元気が出るつーのに…













| 雑談 | 09:24 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽Ah〜夏休み∽

うまっちの夏休みは…

奥日光の温泉宿から始まりました。

「西湯川温泉」って知らんかったうまっちは
バスにゆられて栃木県の山奥で「平家の郷」と呼ばれるところへBoo〜♪バス

温泉街というより温泉郷といった感じで
派手な土産物屋さんとか余計なものが無い奥古閑の温泉宿で
吊り橋があったりとかテレビで見る秘湯といっても良いくらいのところに一泊しました。

宿の名前は「平家本陣」とご立派


出迎えてくれたのは平家のご夫妻?↓↓↓↓↓





こちらの平家のお姫様なのですが
アップでご覧になりますと夜に枕元に立っていそうな↓↓↓↓↓

(凝視注意)




さっそく近所を散策しますと
やっぱりあるんです↓↓↓↓↓





田舎仕立ての木綿豆腐↓↓↓↓↓





水が綺麗ですと
やっぱ豆腐はうまいっす!









宿にもどり
いざ露天風呂へGo〜温泉





            ?





通りから丸見えやんたらーっ↓↓↓↓↓

風邪ぎみですのでうまっちニョロ
調子の良いときに仁王立ちしたるぞ▼ゴルァァアア
…と誓い1泊2日をすごしました。






3日目
余裕ブッこいて
ふざけていたら夏風邪を更に悪化させてしまった困惑
処方せんの薬を大盛りでいただくはめに…
お徳用詰め合わせのようです↓↓↓↓↓






4日目
ランニングシューズを買いにB&D町田店に
(こちらは後日に更新します)





5日目
読売旅行のツアーで
「ビール飲み放題!熱海花火見物」って〜のがあったので参加してみたが
横浜駅から熱海駅までの1時間でビールを飲めと言われても7本が限界のうまっち
薬の効果があったとはいえスパークするには#まだまだ不安定↓↓↓↓↓

今日のところは350X7=2450mlで勘弁してやろう






どか〜んぴかぴか




走るように書きましたが
これがうまっちの夏休みでしたチョキ









そうそう
ランニングですがね
合い間をみてはポチポチやってますョ〜
















| 雑談 | 12:02 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽バンジージャンプ∽
熊本から実妹の子供(中2&小5いづれも男子)が遊びにきたので
激しく遊んであげたネタで更新をしてみます。


根本的に「らしさ」にかけており
伯父のうまっちとしましては「喝」を入れるには理想の人物であろうと
妹は考えているようだ。


言っちゃ何ですが
2人とも男なのにピアノ教室に通ったりとか
室内ではDSいじりと完全なインドアタイプ
「男らしさ」「少年らしさ」に至っては死語でありますが
うまっち様が『男塾』を臨時開校しました。


莊鮫蘢





8月10日(日)
彼らを早朝から叩きおこし
よみうりランドに連れていくこととなりました。

う「プールにするか遊園地にするか2人で決めなさい」
兄「どっちでもいいです」
弟「僕もどっちでもいいです」
う「ほんじゃ文句を言わず着いて来い!」

なんとも自分の意見が言えない
ぐにゃぐにゃ感を抱いたまま出発#


うまっち様と兄弟は小田急線で「読売ランド駅」で下車
ここで一般の方はバスに乗り換えるのですが
うまっち様は…
「俺たちは森の中を歩いていくぞ▼ゴルァァアア」
(上記写真参照)



トレイルを文句を言わせずうまっち様は歩かせました。
田舎の子供ですから歩くのは苦手ではないのでそこらへんは関心


前方から散歩してくる方とスライドするときも
少年たちは「こんにちわ」などと積極的に挨拶をするし
行儀はいいのでその辺は褒めてあげました。



∽いよいよ読売ランド入場∽


兄は食も細く小柄でして臆病ではあるものの
計算高く事前に予測をする堅実なタイプ

一方の弟は兄の残したご飯までも食べてしまうくらいですが
気が弱く激しい乗り物どころか低学年レベルの乗り物にも躊躇してしまう弱腰


入園するやいなや
兄は松竹芸能がプロデュースするお化け屋敷に興味を持つ↓↓↓↓↓


弟にとりましては兄の興味がいささか迷惑



無理やり館内に連れ込むも泣き出してしまう始末#
「もうダメ#引き返すぅ」
「ホントはプールが良かったんだぁ!」
などと号泣(よってランチまでブルーな気持ちになってしまう弟)



そして遂に男塾のメインとも言える絶叫マシン「バンテッド」の前へ
う「よ〜しお前ら!オレ様について来い!」
兄弟「ダメです!ダメです!許して下さい」

命乞いをする兄弟は
「じゃあ1回様子を見てから…」と超弱腰

様子を見ているうちに「スプラッシュコースター」
乗客に高圧水鉄砲で噴射して楽しむポイントをいたく気に入ってしまう
(以降1時間に1度はここに並んでしまう兄弟)




うまっち様は…
「よ〜く見てろ!」とコースターに乗り込む↓↓↓↓↓

流石のうまっち様も手ブレがひどく撮影はここまで


ガタンゴトン…




        スゥー




     



   ウゴウゴ#    







           キャ―――――ッ




と音声で表現しますとこんな感じでありまして
うまっち様にとりましては屁みたいなもんで
「ちぃ〜とばかし涼しかったかのぅ」とこの程度






彼らのところに戻ると
「次はお前ら!行って来い▼」
「これは危ないです!レベル10です」
などと訳のわからないことを抜かすので





じゃ〜ん♪↓↓↓↓↓



続きましてはバンジージャンプです#


うまっち☆初体験のバンジージャンプですぅぅううう




なんとここから先はネックレスはもちろん
カメラやポケットの小銭さえも入念にチェックされるので
撮影は完全不可能なので皆さま想像してみて下さい…




まずは受付ですが
バンジージャンプだけは園内フリーパスが使えず別料金(900円)
同時に「誓約書」なるものに署名をする

体重を計測しロープの種類を決める

ここで注意してほしいことが
インチキして体重を軽くするとロープの張力が弱いのを選択され
「びよ〜ん♪」となる前に地面に到着してしまいますので
厳正に計測することをお薦めします#



高さ22m(7階建のビルに相当)の鉄塔の階段を登る



辺りは丘陵地帯になっており
またまたバンジージャンプは高台になっており遠くの方まで見渡せ
ロケーションは最高に良いところであります


階段の手擦りを握りしめて昇ってゆくおじさんを
2段跳びでうまっち様はピョンピョン♪
トレイルで鍛えた脚力がバンジージャンプの階段で役に立つとは…



うまっち様の前には女の子が1人いました。
話によりますと少女は小6らしい…
家族で遊びにきて彼女だけが成り行きでバンジーをやるはめに

少女「ど〜やったら怖くなく飛べるんですか?」と尋ねられました

う「怖くなる前にためらわずジャンプ!です」

少女「お母さんは人のことだと思って…」

う「あそこにいる男の子は中2と小5だよ!キミは勇気あるよ!」と励ますと



少女は悲鳴の中に落ちてゆきました






次はうまっち様のばんです☆


登りつめた鉄塔から5mほど張り出した先端に移動




係員が腰の装着金具とロープを結びつける



青い安全バーを押し
いよいよ手擦りのない床の先端に立つ




先端には黄色い線があり
そこより前につま先を出す



足の指先は空中だ…





上から見るとあんだけデカい目標マットが小さく見える







マイクパフォーマンスが始まり
ジャンパーであるうまっち様を奮いたたせる






          スリ―ッ!







          ツゥ―ッ!








          ワン…








          バンジ―――――――ッ










数秒後です








イメージは伝わりましたでしょうか?








少年らはあっけに取られ
もううまっち様とは遊園地には行かないでしょう♪








あとは記念撮影をし↓↓↓↓↓


いちおこのマネキンですが
デンジャラスゾーンにはモザイクが施してありました。




帰り道は多摩自然歩道でうまっち様の指導によるトレラン講習をひらき↓↓↓↓↓







ファミレスで夕飯をいただき↓↓↓↓↓

なんとお会計が7並び♪







花火をして遊んで↓↓↓↓↓









今朝には千葉の親戚のとこに遊びにいきました。








                以上 うまっち様による男塾(夏休み強化合宿編)でした












うまっち様の男塾は随時開催しておりま〜す♪









            どや?











| 雑談 | 10:19 | comments(12) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽すいかの詩∽

もしも君にタネがなかったら
くだものの中でも一番好きだったかもしれない


なのに…
こりゃねェだろ↓↓↓↓↓タネばかり







そんなに子孫繁栄したいのかい?








もしも君が成人男性なら
えらいことです…












| 雑談 | 15:21 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽チーム久醐∽
実は今まで選手登録にあたり『所属チーム』に関しましては
タイトルにもございますように
・チーム久醐
・楽ラン
・在京長洲会
・YSC十日市場
 : :
等など記入しまして
「いったいうまっちはどこ?」となってしまいますが…
ちなみに雁坂峠とツネツネは『海陽飯店』でエントリー


もちろんそこには
スポンサー契約などは一切ございません


ただ空欄にしておくのも何なんで
タイムリーに思いついたお世話になったところの
お店や団体の名前をお借りしている訳でありまして…ハイ





今回は「チーム久醐」につきまして更新してみます





ぶっちゃげ「久醐」っちゅーのは…居酒屋?日本料理屋?
うまっちにも分類不可能ですが看板はこちらです↓↓↓↓↓


許可無く張り出しておりますので
おおっぴらに書けませんが「きっとT田さんなら喜んでくれるのでは…」と
このような解釈で貼ってみた♪




詳細には紹介できませんが
まずはこちらでの「日替わりランチ」
これは絶対に外せない一品

月曜から日曜まで日替わりで提供するランチは税別¥680円なり


ちなみに本日のメニューはこちら↓↓↓↓↓



これで納涼弁当有料680円です!




これって凄くない?







煮物・揚げ物・焼き物・お刺身・茶碗蒸しまで付いて
このお値段です!






もちろんこちらはランチ限定でありまして
イーブニングの設定となりますとメニューも変わりますが
うまっちはここの「ミニ懐石」がお気に入り
2500円で次から次へと出てくる料理がお楽しみ♪




もう少しうまっちが
幹事としての器がありましたら
祭日はうまっちの通うジムがメンバー同伴ですと500円で利用でき
シャワーもサウナもありますし
近所には市民の森がありましてトレイルラン(初心者向き)コースもありますし
…等などありますが#なかなか都合というか調整というか



まとめ役ってのは
うまっちには似合わんのかのぅ








…と飲んで一番に弾けるうまっち少年のお昼の更新でした。











| 雑談 | 13:12 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽気分転換のうまっち∽
本日の更新はジョグネタから離れチャリネタで更新してみます


富士登山競走も終え燃え尽き症候群になり
夏風邪にあおられ気分もドン引きのうまっち…


ジムにいってもヤル気が起きず
「こりゃイカン!」と思い奮闘努力と重い腰をあげました。



もともと基礎はできてるうまっっち♪
「夏だから泳ぎにでも行くか#」と長水路プールをと考案拍手
だけどむかっお気に入りの水着をジムのロッカーに入れっぱなしで
取りにいくのもめんどっちい


となりますと
「やっぱ走るか」となりますが朝から気温は30度近い冷や汗
つ〜わけでサイクリング自転車ヤッホーと決定☆


行き先は…山か海
先週の湘南練習会が江の島から茅ヶ崎方面に行きましたので
サイクリングヤッホーは江の島から反対の三浦半島側と決定船


うまっち邸を8時ちょい過ぎに出発
まずコースは新横浜より環状2号線を走り屏風ヶ浦へ向かう





環状2は緑も豊かでジョギングや散歩している方も多く
道路も整備されているのでありがたいσ
こんな感じの道路ばかりですといいんですが…


環状2号線から国道16号に乗り換え
ここでしばらく横浜市とバイバ〜イ



横須賀市に入るとどことなく空気が変わり
軍港やらと基地っぽい通りをうまっち号は更に南下☆

すると間もなく
横須賀市から三浦市への峠道「尻こすり坂」なる通りに出るのです




いちお地蔵も祀っておりましたので「パシャ」

昔はお尻をこすりながら
この峠を越えていたのでしょうか?



日本昔話のタイトルにでてきそうな「尻こすり地蔵」










岬めぐりさながらの冒険に心弾むうまっちの夏風邪はどこへやら






祝☆三浦市突入水泳ここでは遠泳オープンウォータースイム
パンプキン争奪マラソンスイミング大会でお世話になったっけ…

国道沿いの畑の小屋では美味しそうなカボチャやスイカを売っていました。
(ちきしょう!写真を撮り損ねたのが残念▼)





うまっち邸から持参した水が切れたころ
ちょうど三浦海岸到着


ローソンで2ℓの水を買いハイドレーションに詰め替える
(もちろん缶ビールも失礼〜ラブ
そしてここから上半身ヌードの
セクハラ走法で自転車をこぎました#




国道16号から国道134号 東京湾から相模湾となりますが…

三崎といえば「マグロ」なんですが
旅行じゃないので先を急ぐも
「ここの夕陽はきれいだろうなぁ」と考えるくらいの余裕あり


マリーナに停泊しているヨット船見ては
「あ〜らヨット♪」とオヤジ級のギャグを考えながら
うまっち号は海岸線を走りましたσ


葉山に入り宮内庁御用邸の前を通過したとき
県警の方が警備にあたっておられましたが
この暑い中「ご苦労様です!」とセクハラ走行のうまっち♪



鎌倉市に入るとそこは由比ガ浜海岸
石原慎太郎さんの石碑を発見




江の島が見えてき〜たぁるんるん
おれの家はまだまだ遠ぃぃいい〜



江の島から藤沢街道を北上し
大和市に入ったところで水が無くなった…
お腹もすいてきたにで
コンビニでそうめん(パック)を購入し流し込み
缶ビール#チャージ終了



17時うまっち邸帰還







117kmの冒険は楽しかったのですが…














その代償は大きい…




























| 雑談 | 11:52 | comments(10) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽高校野球予選観戦記∽
2つの更新となりましたが
どうしても書き足したかったので…

―――――――――――――――――――

21日は保土ヶ谷球場に行ってみた。



1試合目は
1塁側:横須賀総合vs横浜桜陽:3塁側
こちらは横須賀でオープンウォータースイムに横須賀市にお世話になったつ〜ことで
横須賀市立横須賀総合高校を応援した。(見事に勝利し大会初ベスト8)

2試合目は
1塁側:横浜南陵高校vs藤沢総合高校:3塁側
こちらの試合は一応は横浜市民であり県立だからつ〜ことで
横浜南陵高校を応援してみた。(7回コールド負け)


どちらの試合も印象が残るいい試合でしたが
2試合目の横浜南陵高校の試合ですが…
応援担当の方でしょうか?試合も完封で押されているときに
「おまえら!応援では負けんなっ」とゲキを飛ばしているじゃありませんじか


これぞ応援の原点なんでしょうねσ


横浜南陵高校の父兄会の方には「暑い中の応援ありがとうございます」と
試合の途中にカチ割り氷を頂きました。






前述にも書きましたが試合の方は規定により7回コールド負け


グランドに崩れ落ちる選手
涙をこぼす応援の女の子
「よくやったぞ!」と励ます父兄



新聞やニュースで結果だけを知り経過は知らず
「ふ〜んコールドねェ…」と流すよりも
実際に現場にはいろんなドラマがあることにうまっちは気付きました。



全国的な視線で見れば小さな試合かもしれませんが
彼らにとりましては
まさに「一球入魂」「全力投球」でありまして

・ファールボールなどで審判からボールを受取るときは必ず脱帽する。
・3アウトチェンジで外野だろうが内野だろうがベンチには全力疾走
・あきらかに取れない球でも喰らい付く姿勢






プロ野球ほど華やかな応援やプレイはありませんが
この2日間でうまっちが見つけたものは大きいです











| 雑談 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/4PAGES
  • >>