∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽第16回日本山岳耐久レース∽回想記
ランネットのアンケートにも書きましたが
まずはこちらの観覧者の皆さんをはじめ
現地まで応援に駆け付けてくれました方々に
心よりお礼を申し上げます。

今大会で得たものは「思い出」として生涯忘れることはありません。
いつものうまっちですと「思い出は持ってみると重いでェ〜」ですが
本日の更新に限りギャグは出ないと思います。




10月12日 06:00 晴

いつも通りに何ら変わりなく朝を向かえリラックスした朝でした。
体調はというと寝違えたせいか左肩甲骨の下あたりが
「あり?」程度の全く心配ない状態

うまっち邸の玄関からは多摩ニュータウン方向が見渡せるので
見てみると雨の心配は無さそうでした。
さらに天気予報でも確認し装備の再チェック↓↓↓↓↓

衛生兵がららぽーと横浜で今日のこの大会のために用意してくれたのです。
コンビニで済まそうと思っていたのですが
たぶんツネツネ競走で一番高価な大福餅を持参したのはうまっちでしょう…




07:30

予定では08:30に出発するように電車の行程を調べておいたのですが
1時間繰り上げの07:30に家を出ました。
たぶん気持ちが盛り上がっていたのでしょう…。

車内では案内で配られたパンフレットやコース図を穴が開くほど見つめ
走っているイメージを描きJR八王子駅〜拝島〜武蔵五日市と乗り継ぎ
五日市会館に到着したのは9時半頃↓↓↓↓↓

これでも行程距離は71.5kmあります



現地ではすでに湘南練習会で供に汗を流し
宴を楽しみましたメンバーが応援に駆け付けておりました↓↓↓↓↓



手作りのスペシャルにぎりめしをいただき↓↓↓↓↓


会場内を模索しておりますと
次々と供に参戦するランナーとめぐり合い互いにエールを交わし合う
受付会場では偶然にもウェル氏と遭遇
相変わらずの柔かいオーラでありグランドスラム達成の強豪しさは
もちろん今日もない…




受付を済ませゼッケン装着し準備完了
するとある雑誌の方からの取材がありまして
本日の意気込みとこだわり等を尋ねられまして
みなさんお馴染みの勝負パンツとS&Bの梅肉を紹介
(載ったらお知らせします)


するとまた…
ちょんちょん♪肩を叩く…
のまダッシュ氏の登場です。
富士登山競走のときと同じ現れ方なのです。
また彼もオーラは薄くガツガツしたところは微塵もありません


五日市会館2階に荷物を置き
お?今度はぴろ氏&くろちゃんと遭遇
劇的までもスタート前にあの人数の最中にみんなに会えたのは
神がかりと言ってもいでしょう






13:00

いよいよスタート↓↓↓↓↓




拳と拳を突き合わせぴろ氏とスタートを切りました。
ここからドラマチックなゴールが生まれるとは予想はしておらず
どこか観光ランのような余裕さえあり↓↓↓↓↓


白バイ隊や歓迎囃子など写真を撮りながらのラン




トレイルゾーンに入ると早くも渋滞なんですが↓↓↓↓↓

渋滞で止ってしまうとガツガツしたランナーがいらだち始めるも
「渋滞は体力回復と写真撮影とコミュニケーションの時間ですから…」
と笑いとなごみを提供




作戦通りに暗さ対策にサングラスを掛け続けておりましたが
オールスポーツコミュニティのカメラの前ではサングラスを外し
それなりに身なりを整えるゆとりあるペースで走りました。



本格的な登山道に入る前では↓↓↓↓↓

係のおじさんが
「渋滞するから階段は一気に登ってくださ〜い」と
まだまだ周囲のランナーもうまっちも笑って
「無理に決まってんじゃん!」と大会を楽しんでおりました。




日が暮れてしまい携帯での撮影もできなくなり
選手も自然とバラけてしまい
いよいよここからが日本山岳耐久レースの本当の戦いとなる



30分おきにアミノバイタルの粉末と栄養ジェルなど
水で流し込みながらエネルギー補給の走りになる。
思いのほか水の消費が早い…


持参した水はハイドレーションパックに2リットルと500ペットボトル1本
背中のザックが軽くなってゆくのが手にとるように判る…。
そしてまた17時を過ぎるとライト無しではもう走れない


第1関門(22.7km)手前ですでにハイドレーションは空になる。
完全なる給水の失敗であり誤算でもある。
第1関門通過したのは4時間17分54秒
ここで楽天ブロガーの仲間の応援があった
地獄に仏というより
戦場のマドンナにも映りました。
交わした言葉は少なかったですが気持ちが盛り上がったのは事実です。



第2関門の42km地点に到達すれば1.5リットルの水が配給されるが
峠道20kmを500ペットボトル1本で走りきるのは無謀過ぎ

ペースを落とし超低燃費走行を心がけても
500ペットボトル1本の水はすぐに枯れてしまいました。

「なんつぅ無計画的じゃ」と反省してもあとのまつり

集中しないしフラつくし…
笛吹峠では早くも棄権するランナーが
もう雁坂の二の舞はイヤだ

路肩を何度と踏み外しそうになったことか

そんなさなかに
遂にというかやっぱりというか
女性ランナーのくろちゃんに抜かれてしまいました。


「うまっちさん!だいじょうぶ?」と問われても
「だいじょうぶ」としか答えられない状況であり
この苦境において「だいじょうぶ」と答える人に限り
「だいじょうぶ」じゃないんです。


ここまで追い詰められるとビールではなく
ただ純粋に「水」が欲しくなると身を持って知る
(本来ならば知る必要ではないのですが)


25分走ったら5分休憩の「復活&撃沈」走法で
第2関門でもある水配給所の月夜見山に到着したのは9時間4分14秒後
ハイドレーションパックに1.5リットルの水を分けて頂きましたが
1/3程度はその場で一気に飲んだかもしれません


そしてここで衛生兵が用意してくれた大福餅を3個食べ
ひと息ついたら気持ちも体もチカラが湧いてきました。


深夜の50km地点大ダワでは
また楽天ブロガーの応援がありました。
あまりにも来ないうまっちのことを心配していたようで
本当に申し訳なさと感謝でいっぱいになり涙が出そうになりました。



第3関門通過が14時間26分12秒
本来ですとゴールの予定の時間と計画を立てておりましたが
格好なんてつけちゃいられない状態
記録はどうでもよくなってきました。
ただ「ゴールで待ってる人がいる…」それだけでした。



日の出山から東京の夜景が見える
つかのまの癒しとも呼べるも
みなさんの応援にはかないません


明星を向かえゴールまで数10メートル
みんなの顔が見えたときは
かなりヤバかったです



17時間26分02秒完走



イスを用意して頂き
泥んこになったシューズからICチップを外していただき
缶ビールまで用意してもらった私設応援団には
大きな「借り」ができてしまいました。






こんなカタチでしか表現できませんでしたが
ほんとに心から感謝しております。




また名前(ハンネ)を控えさせて頂きました心境をお察し下さいませ





重ねがさねになりますが
ありがとうございました













| ツネツネ競走 | 16:44 | comments(29) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第16回日本山岳耐久レース∽最終装備編

いよいよ明日となってしまいました「第16回日本山岳耐久レース」

通称「ハセツネカップ」または「ツネツネ競走」






今回はエントリー開始後2日も経たないうちに定員達成してしまう事態で
つまりそれだけランナーの皆さんが注目していたレースとなる訳なんですが…

エントリーしちゃったみなさん!
準備の方はいかがでしょうか!?
うまっちもそれなりに準備はしたつもりですが
いつものようにご覧くださいませ









まずはシューズなんですが↓↓↓↓↓

ノースフェイス/ラッキーチャッキー+スーパーフィート

一抹の不安がありまして
ラッキーチャッキー+スーパーフィートなんですが
一度もレースで使用したことがありませんショック

インソールに付きましては自分の中では
まだまだ確信は持てませんが
始めは邪魔でしたが「あってもいっか…」というところまできたので使用決定







ウェアなんですが
また鑑識の遺留品みたいですが↓↓↓↓↓

・ロングタイツ/ノースフェイス(バイオテックス)
・サーフパンツ(お決まり)
・ロングTシャツ/ノースフェイス(ぺろんぺろんのやつ)
・防寒ジャケット/ノースフェイス(ベスト型)
・ザック/ノースフェイス(ヘロン15)
・キャップ/ノースフェイス(間瀬ちがやさん&のまダッシュさんサイン入り)
・グローブ(ホームセンターで購入したバッタもん)
・くつ下(本物アディダス)






そしてこちらが今回の秘密兵器(バラした時点でもう秘密ではない)↓↓↓↓↓

ランネット通販で購入しました
フラッドラッシュスキンメッシュ ノースリーブ
そしてCW-Xのパンツ

upこれだけで走りますと
びっくりにしおかすみこ男バージョンみたいですが
そんなことは致しません







補給食は前回に紹介しました予定通り+本日ららぽで美味そうなやつ&現地調達
(こちらは大会後レポにて)






さてライト等につきましては
ちょんまげ式ヘッドライトも思案しましたが
うまっちのハンドライトは広角しないので
ちょんまげは諦めました↓↓↓↓↓



雁坂で活躍したヘッドライトなのですが
3段階のうちレベル2で青白く広角し足元を照らすには充分と判断↓↓↓↓↓

携帯での撮影ですからイマイチ画像ですが…


ハンドライトは広角しない自然色(ムーンライト)↓↓↓↓↓




…とまぁこんな感じでございますが





てか
明日の天気はど〜なのよ?






                





| ツネツネ競走 | 10:49 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第16回日本山岳耐久レース∽攻略編
本日は昨日の2について掘り下げて更新してみましょう



長い時間との戦いになるツネツネ競争におきまして
走力と同等の課題としております補給食なんですが…



こちらは雁坂峠に持参した補給食↓↓↓↓

ベースは一緒なのですが
うめ塩あめ部分変更のお知らせ



あちらこちらと覗いておりますと「梅干持参」と書いてあるようですが
なんとこちらをご覧くださいっ!






こことリンクしておりますEライフ氏からの伝授なんです







じゃ〜ん拍手拍手拍手パチパチパチ…↓↓↓↓↓

こちらを2本用意してみた






S&B 梅肉(新キャップ採用)紀州南高梅100%






さっそく新キャップの感触を実験してみた…








          くるんっびっくり







なんとも潔いキャップの空き方…空く瞬間に驚きは隠せない







これならレース中に片手で味わえる






仕事中ですが…試食をこころみた↓↓↓↓↓

やはりEライフ氏のようなすっぱい顔になってしまう…



確かに白いごはん…いや
焼酎が自然に欲しくなってしまう





握り出すのではなく
吸い出すといった感じであろうか









これならツネツネ競走で最高のパフォーマンスを発揮できるに違いない








まだ購入していないランナー諸君!



  売り切れる前にスーパーに急げ!!勝負はすでに始まっている







| ツネツネ競走 | 13:33 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第16回日本山岳耐久レース∽攻略編
ドラクエやファイナルファンタジーのように攻略本があれば
無駄なく71.5kmの奥多摩山中を走れるのですが…

無いなら作ればいいじゃん!とは言うものの試走無しのぶっつけ本番
(うまっちの場合はだいたいいつもそうなんですがねひやひや





ツネツネ競走まであと9日っ上向き
さぁどんなレース展開になるのでしょうか?




もちろんこちらは
うまっちのための考案でありまして一般に通用するかは各自検討してみましょう



13:00スタートで翌日深夜の02:00〜03:00のゴールの予定と想定
明るい時間は4時間のみ半月




1奥多摩山中ですから17:00頃から足元は暗くなりライトの準備が必要
・予備の電池を持っているのでケチケチせずに早めの点灯
 (貧乏性と思われないためにも)
・ヘッドライトは常備足元を点灯しハンドライトは下り(高速時)のみ点灯
 (ライトのブレは残像現象で余計に目が疲れる)
・昼間よりサングラスを着用し鳥夜間の鳥目対策
 (目を守るためにも)
・後続ランナーにうまっちの存在と安全を知らせる為に発光マーカー使用
 (追突防止とピンチのときに助けてもらう)

実際に昼間の山中と夜の山中では明らかにスピードも違うし
なにより神経を使ってしまう
庭とも呼べる「新治市民の森」ですら神経を消耗の検証済み



神経を使わず無鉄砲なガンガン走りをすれば前廻り受身の連続であろう
日没後のナイトランは歩幅は細かい方がケガはしなそうだ病院
(いわゆる安全牌)




2給食給水無しでの長期戦
傾向と対策
・総重量4kg以内に納めるようにする
 (「備えあれば…」ですが必要最小限で留める)
・給食給水はこまめにする
 (居酒屋のプラス1500円飲み放題じゃないので
      一気飲みはしない。ここはケチケチ作戦)
・100%のゴミの持ち帰り
 (言うまでもない常識)
・オーガニックスタイルは極力さける
 (いろんな意味で選手生命に関らないようにする)





12より
ツネツネ競走は走力だけではなく
状況判断による総合力のレースであり
「山屋さん」といわれる方々のレースでもある。
(ですから別名「長谷川恒男カップ」という)





長谷川さん…(サザエさじゃないョ)
草葉の陰から見てて下さい
ツネツネ競走はこんな立派な大会になりました。


くじけず完走(できれば12時間台)を目指し頑張りますことを
ここにお約束いたします











                          10月吉日 byうまっち


| ツネツネ競走 | 13:10 | comments(8) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽第16回日本山岳耐久レース∽机上作戦

雁坂峠の「負け犬うまっち」を返上すべく
(うまのくせに犬?と余計な詮索はご無用ちっ
ここはキッチリと戦いたい一戦でありますが…


以下このような数字が電卓から出てきましたPC



過去のデータから完走率を調べてみますと54%〜76%の幅があります。
完走率の低い大会はいづれも雨天でした。


理論上は
72kmを24時間で走りますから1時間あたり3kmでよいので
富士登山競走とは異なりニョロじっくり攻めれば皆さん完走できますっ!
(門限時間など一部条件除く)



しかしながら
レースは水もの…お刺身は生ものでありまして
なかなかそうもイカのきゃん玉が現実であります。



当日のお天気はと申しますと
まだ2週間もありますので気象予報士の石原良純さんも判りません
(もちろんタウンページでも判りませんたらーっ


ですから記録も天候に左右されますので
当初は12時間台としておりましたが冷や汗今となっては「快晴ならば12時間台」とあいまいな目標であります。





さてここで昨年の記録と照合してみましょう鉛筆2

サブ10台目指しますと総合46位→2.3%
10時間台目指しますと総合89位→4.4%
11時間台目指しますと総合176位→8.8% お?この方は…
12時間台目指しますと総合274位→13.7%
13時間台目指しますと総合382位→19.1%
14時間台目指しますと総合504位→25.1%
15時間台目指しますと総合647位→32.3%
16時間台目指しますと総合793位→39.6%
17時間台目指しますと総合934位→46.6%
18時間台目指しますと総合1071位→53.4%
19時間台目指しますと総合1191位→59.4%
20時間台目指しますと総合1301位→64.9%
21時間台目指しますと総合1406位→70.2%
22時間台目指しますと総合1493位→74.5%
23時間台(完走)目指しますと総合1540位→76.8%

備考:間瀬ちがや先生@9時間41分20秒


エントリー開始からわずか41時間で売切れとなってしまったキップは
ジャニーズ企画のコンサートと同等でありまして
おそるべし人気急騰ぶり


いやはや…
長谷川恒男さんもびっくり驚いていますでしょうねェ
(ツネツネ競走と呼ばれているほうが驚いてるかもてれちゃう






つ――訳で
今回もうまっちは雁坂峠143と同様に気楽にいきま〜するんるん







ただし今回はどんなことがあっても
棄権はしませんっ!













                          たぶんですが…



















| ツネツネ競走 | 11:42 | comments(6) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽長谷川恒男CUP∽登録編
いわゆるところの
第16回日本山岳耐久レース(24時間以内)〜「長谷川恒男CUP」
なんですが…


その前に
先日、うまっちの通うスポーツクラブYSC十日市場で
会員さんの話によりますと…
「ガソリン高騰のせいか
  江の島の駐車場はガラガラで自転車置場みたいです」

やはり車を降りた方が
趣味の感覚で自転車ファンになってしまったのでしょうか?



もちろん否定しているわけじゃございませんョ






それでは皆さんとご一緒に
少しばかり妄想してみましょう…







湘南の海岸線を
ド派手なバイクジャージに身を包み自転車で駆け抜ける…



相模湾に反射した太陽が細かく砕けてうまっちを照らす…



おそらく逆光で撮った写真は絵になるだろう…



余計な音は一切ない…



あとは、ただ風になるだけ…






いかがでしょうか?
まぁ▼うまっち邸には
衛生兵が所有するママチャリしかないんだけどね♪


(中古車ありましたらガリバーではなくうまっちへ)






ガソリン高騰がエコライフを興し、その結果が
ランニングブームや自転車ブームのきっかけになったと
うまっちは考える次第でございます。




さてここにきてのトレランブームなのですが…
(と言いつつうまっちも走暦2年未満)
ここまでこのブログをご覧になられました読者の方は判るでしょうが
うまっち#トレイルランばかりで
フルマラソンの経験はおろかハーフマラソンの経験もございません。



注)
※うまっちは→トレイル野郎
※菅原文太は→トラック野郎

似てはいますがΨ全く違います(もちろん髪型も)






ですから逆に
ロードの世界へと歩み寄っているので
ロードの方がトレイルへ寄っていく気持ちが判ります。



ですが世間一般には順序というものがございまして
いきなり「ハセツネだ!」ではなく
せめて順を追って日本山岳耐久レースにはエントリーして頂きたいものです。




これはケガや事故を防ぐためだけではなく
この大会の名誉と伝統を築いていくためにも
大切なことだとうまっちは考えております。






…とこのように
ハーフやフルマラソンを走ったことがなく
いきなりウルトラ参戦☆下克上うまっちが申しております










| ツネツネ競走 | 09:52 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽長谷川恒男CUP∽登録編
RUNNETの申し込みより

第16回日本山岳耐久レース(24時間以内)〜「長谷川恒男CUP」

■ 定員に達しましたので新規受付は終了となりました(6月2日 17:00)
コンビニ支払で申込みの方は、支払期限内にご入金いただければエントリーは有効となります。






なんとこちら…
10月12〜13日開催



6月1日受付開始



翌日の6月2日17:00定員達成のため受付終了




この紙切れ
昨日プリントアウトしといて良かった…




環境保全や安全対策のためにも人数制限は必要ですが
ここまでになるとは…




山の神様が与えてくれたチャンスと
うまっちは精進を誓うのでした。








| ツネツネ競走 | 08:11 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1PAGES