∽丙のうまっち∽少年時代の心を大切に…

このサイトは、横浜市在住のあるコンクリート技士の管理によるブログです。
ジョグネタや趣味、出来事を日記調で語っていきたいと考えております。
そちこちに脱線しますがお楽しみください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 祭りは繰り返す?

夢の島の余韻も醒めてきましたころ…


「次のエントリーは…」とランネットをパラっと見てみた



10月4〜5日
しっかり平塚24リレーの募集がありました。
よく見るとそこには…



12時間ピン走部門があるではあ〜りませんか!




苦笑とはこのことであろう#
思わず中条きよしの「ニヤリ」をしてしまいました。





こちらをご覧のみなさん
うまっちと同じ☆千載一遇☆のチャンスですぞ#
しかもハセツネの前週ってこともあり
入賞はおろかΨ表彰台もイケるかもョ♪










続きましては苦笑ではなく爆笑なのですが…









オールスポーツコミュニティの写真サイトに
夢の島ランがありましたので貼ってみます#









↑↑↑↑↑↑
左端に写っているのが
ゲストランナーの丸山弁護士です


朝まで頑張ると言っておりましたが
じきにフェイドアウト…
政治家ともなりますと、こんなものなのでしょうか?
翌日ちゃっかり走っていたのは言うまでもありませんがね♪











↑↑↑↑↑↑
ミッドナイトラン

このへんは真面目に取り組んでおりましたうまっち♪










↑↑↑↑↑↑
ゴール3周前のうまっち♪

12時間走のメンバーの中では
うまっちだけが進化を始める…










↑↑↑↑↑↑
ゴール寸前の最終進化をしたうまっち♪









そしてこれが極めつけ!











変態にストーカーされる
チーム楽ランのりんこさん…









うまっち的に
大爆笑ですぅ







勝手に載せてゴメンね☆
だってオモローなんだもん…











| 夢の島 | 11:05 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 番外編
12時間を戦い切りましたら
ず〜っと応援して頂きました楽ランの陣地にお礼をして
個人エントリーテントで少しだけ休みました。


かれこれもう30時間起き続けていますと
ランの疲れと融合して精神的にも肉体的にもMAX
やはり昨夜からのレースを思い出してしまう…


たぶんうまっち
泣いていたと思う




Nダッシュ氏の陣地とは
ほぼ対面であり、そこには彼の姿はない…
「応援しなくちゃ!」


そうなんです
次はうまっちが
お世話になったみんなを応援しなくちゃいけないのです#





12:00頃
楽ランチームは早かった。
みんなで24時間切れることなくタスキを繋げてゴールを目指している。
チーム全員がラストスパートとなり
持っている全てを爆発させようとしている。


サイダーさん
先週100km走ったばかりじゃないですか?

まっつん
ランナーとしてだけではなくカメラマンとしても
頑張りましたね☆



などなど応援しているうちに
のこり15分


24時間独走の
Nダッシュ氏が走っている
素人っぽい女の子も走っている…



精一杯の応援をしたつもりなのですが
伝わりましたでしょうか?









13:00
レースは終了












そして宴会
祭りのあとの祭りも
楽しかった…









夢のような一日でした









たまには
こんなのもありだよね?










| 夢の島 | 11:06 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 記録編(後編)
9時間経過頃 6月15日早朝
京葉線とともに朝日が昇る…


残り3時間を切ると順位や記録も…
「小島よしお」じゃないれれど▼そんなの関係ねェ!
これがこのころの正直な気持ちでありまして
同じフィールドを走ってるみんな全員が仲間だ!と思えると
自然と胸が熱くなりました。



その中のひとりなのですが…
24時間独走のランナーの女性の小柄でぽっちゃり(ゴメン)したランナーと
会話のランになりました。

どこから見てもランナーとはいうに至らぬ容姿なのですが
コツコツと走る姿に感動して声をかけたのです
「ガンバです…」
つきなみの言葉でしたが他に見つからなかったのです。
実は昨夜のうちから気にはなってはいたのですが
どこから見ても素人を絵に描いて飛び出してきたような女の子なのですが
なんだかんだと20時間近くも戦っているではありませんか!

某大学のTシャツを着ておりましたが
このような学生がまだ居たのかと思うと応援したくなるのが心情です。







11時間経過頃
朝もあけたということでMCのお姉さんのマイクパフォーマンスがはじまりました。


昨夜からのことを順を追って思い出す…。
正確には「思い出す」ではなく「思いが出ちゃう」です。

・スタート直後のカッ飛んでいたころの自分
・女将さんや少女Aさんのと併走
・サンタパパさんとの会話
・楽ランの皆さんの応援


ラン暦だけではなく
記憶が薄れないがためにも
こうしてブログに残すことがうまっちの使命と確信し
今後の糧となるようにしっかり心に刻みながら走りました。




いよいよゴールの時間が迫ってきました。
楽ランの監督どらごん氏より
最終周は旗を用意しておくとのことでウィニングランのごとく
楽しんで残り30分間の時間を走ることに決定☆


お祭りモードスイッチオン!
スパンコール輝く衣装にアフロヘアで最終周を走るうまっち…


かなりの注目を集めたことと思います。


場外のオールスポーツコミニュティのカメラマンさんから
撮りそこねたのでもう1周走ってくれとのこと
最終周といゆことで残りの時計に合わせてしまいましたので
猛烈なダッシュとなりました。
ここにきての全力疾走はつらかったです
(出来上がりが楽しみ♪)



そしてフィールドに戻ってくると
MCのお姉さんのパフォーマンスが冴え渡るのなんの…
キラキラ衣装のうまっち
何度も名前を呼ばれました。(いやはや参りました)



そしてゴール







先にゴールしたうまっちは一緒に走ったランナー達を迎えることにした。
というより
その場に居た12時間を共に戦ったランナー17名同じ考えだったのでしょう。

全ランナーをハイタッチでゴールで迎え
揃ったところで写真を撮っていただきました。
うまっちも自分のカメラに収めたかったのですが
それがただひとつの後悔したことです。


写真を撮られました方で
お心あたりがございましたら
是非ともご一報をお待ちしております









その後に表彰式がありましたが…
当初は千載一遇の大チャンスと思っていましたが
記録は12時間で90.48kmと平凡な記録(だけど5位)で終わってしまいました。


結果が全ての社会となりがちですが
ここにこうして
皆さんと走れたことが
めちゃめちゃ楽しかったです。



忘れることはありません…









【まとめ】
装備につきましてはシューズも3種用意しましたが
・アシックス ジェネレーサーで通しきりました
ウェアは
・タイツにノースフェイスのバイオテックス
・シャツはアディダスのバッタもん
・CW-Xのアームガード
(野辺山に引き続き使用したけど☆これ気に入りました)
・楽ランキャップ
・ウォークマン
・サングラス
(夜間走では必要ありませんでしたが刺激を与え程度に使用
 深夜のサングラスは『あぶない刑事』になった気分)







| 夢の島 | 10:23 | comments(7) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 記録編(前編)

夢の島リレーですから
今回のレース「24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま」は
タイトルにふさわしくレポしてみましょう♪



6月14日
梅雨の中休みに恵まれた東京の空の下
江東区夢の島競技場におきまして
「24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま」が
盛大に開催されました…。



土曜の任務を終えて
会場である「夢の島競技場」へと向かったのは17時

新木場の駅を降りますと
ナイター用の照明やテントが張り廻らせてあったので簡単に現地に行けました。
すでに競技場では24時間&6時間部門が開催されており賑わっておりました。


ちなみに
24時間&6時間部門は13:00スタート
12時間部門は20:00のスタート
1周約1.1kmの周回コース


段取り良く受付を済ませますと
個人でエントリーされた方には施設内のロッカーとシャワーが借りられるσ
ぱぱっと着替え「いざグランドへ!」ウォッチング開始

フィールドを囲むテントでは、6時間部門のゴールが近付いているせいか
場内の活気は割れんばかり…


夏日となったこの暑い最中
野辺山でMCを勤めたお姉さんのマイクパフォーマンスと
応援の歓声の中にNダッシュ氏を見つけました。
彼はたった独りで6時間も走り続けているせいかハイタッチする力も弱かった。
かなりの苦戦をしいられていたのでしょう…

走り続ける彼の後ろ姿にうまっちは
「もうすぐそっちへ行きますからっ!」と大きな声でエールを贈る








個人エントリーテントに陣を取り
プラプラしていると楽ランの監督どらごん氏に発見されて
楽ランのテントを案内されました。

Nダッシュ氏を見たあとの楽ランのテントは
天国と地獄のようで
盛り上がりといい活気といい「走る」という楽しさと「仲間」という絆を
24時間味わうお祭りのようでした。




いよいようまっちの12時間の戦いの火蓋が切られる時間になりました。
選手召集あり…
選手召集あり…
選手召集あり…


なんと!12時間独走部門は17名しかいません!!


案内係から
「今年から始まったクラスですから入賞できる可能性はありますョ」
お〜♪千載一遇のチャンス到来か!
「入賞」ってのは全く考えておらず
アドレナリン分泌物が出まくり眠気もどこへいったのやら…



とそとき…
なんと丸山弁護士も一緒にスタートするじゃあ〜りませんか!
驚きの連続の中
丸山先生を囲んでのスタートの写真をパチリ♪
(来年のパンフレットに載るかも…)


またまた大会MCのお姉さんのマイクパフォーマンス!
そしてカウントダウン5・4・3・2・1…
うまっちはお姉さんに「いってきま〜す」と叫び
軽快にスタートを切ることが出来ました。




1周目
コースの確認を兼ねて様子見のラン
軽快なあまりに誰もうまっちには付いて来ない…
まだ始まったばかりなのは重々承知なのですが
完全に一人旅状態♪

フィールドに入っての最終コーナーでは
楽ランチームの大歓声にうまっちは包まれ鳥肌が立ちました。
「今のとこ順位は俺が1位です!」と答える余裕さえありました。




ここからがドラマのような展開になるんです!




30分も周回を重ねると予定が立ち
当初では時間9周としておりましたが
周回を重ねていくと時間10周の超ハイペース☆
うまっちは作戦を立て直し貯金作戦に切り替えることにしました…



2時間経過頃
完璧に気持ちも盛り上がっているうまっち…
リレー組の遅いチームをサクサク拾って前にゆく
タスキをかけてない(独走ランナー)を抜くことはあっても
抜かれることのないうまっち

楽ラン陣の前では周回するたびに拍手をもらう…
「2時間まだ1位をキープしてるよん♪」と好調アピール
時間10周のペースで距離を積んでゆく☆
同じ12時間組の数人のランナーにも周回以上の差を付け
一人旅はまだまだ続きました。









3時間経過頃
楽ラン陣の後ろにある大きな電光掲示板を指差し
「あと10時間だぜ!歯ごたえないぞゴルァァアア#」というものの
3時間も同じ所をグルグル走っていると…
来やがったのです▼最初の敵「飽き」


時間10周のハイペースにもダレが出てきたのですが
同じ12時間ランナーで女性の方とのお喋りランで楽しく走れたので
「飽き」に関しては耐えることが出来ました。
てかこの人
「どっかでお会いしたことが…」などと戦歴などを語って併走しているうちに
お〜♪あの有名な美ジョガーの女将さんじゃあ〜りませんか☆と知る。
やっぱどっかで会ってたんですね。

楽ラン陣の前では
「うまっちがイチャイチャしている#衛生兵に連絡しなきゃ」などと
ペースを落とすも1位はキープ状態したままのうまっち♪


そこで女将さんと別れて
続きましては少女Aさんと併走
楽ラン陣の前では
「また#うまっちがナンパランしてる!」と冷かしておりますが…
少女Aさんにトレイルで、楽ランでは何人の人が敵うであろうかのぅ
(少女Aでつ〜ことで本人了解済み)









悪夢の5時間経過頃
「空腹」と「飽き」と「睡魔」との戦い
フードコーナーで薬膳ラーメンを食ってロス覚悟の上で気分転換を図る。
個人用サポートテントではNダッシュ氏が休んでいた。
もう彼は極限状態であり挨拶程度の会話で控えました。
もちろん彼だけではなく
前日の昼13時から戦っているランナーたちは疲労困憊であり
戦場に張られた野戦テントのようでした。



ここでうまっちは「仮眠することなく…」と決めておりましたので
コースに戻ることにしました。
止まったとはいえストレッチやら何やらで睡魔を飛ばすも
気持ちが定まりませんでした。
景色は、明るいナイター照明の内周と薄暗い外周の繰り返し…
単調がさらに単調となる







そんなに休んだ覚えはないのに
周回ボードを見たら順位は7位まで落ち込んでいました。
まさにウサギ&カメのウサギ状態


コツコツと1周8分で走っているランナーに
30分も休めば3〜4周の差なんて簡単なもの





楽ラン陣の前でも
手を上げるのが精一杯になる。
それでも彼らの応援は途切れることはありませんでした。





6時間経過頃
「もう半分と」と「まだ半分」の境にきた。
ちょうど弱いところが見え隠れし
レースの展開の予想ができるところでしょうか


残りの時間と残された体力
そして自分の立てた目標の達成

11時間で100kmを走りきるどころか
12時間で100kmを走るのも怪しくなってきた…



そのころでしたでしょうか…
ジョグノート仲間のサンタパパ氏と併走し
彼はテントへと向かいました。
こうしてフィールド内はやや静かになってきて
全体的に走者も少なくなってきました。



ですが楽ランのみんなは応援してくれる。
「いったい何なんだ?何かを期待しているのか?」



7位と順位を落とし意識も下がり
「適当に12時間走れば何とかなる」と…



しかしながら中には24時間も戦っているランナーもいるわけですから
「彼らのたった半分の時間」だからと気持ちを集中
それからというもの順位は気にせず
「12時間を戦う」それだけのために頑張りました。





8時間経過頃
東京の空が明るくなりはじめるころ
段々と先が読めるようになってきました。


「睡魔」との戦いの次は「疲れ」との戦い
ここまで来ますと不思議に「飽き」はなくなり
純粋に疲れとの戦いになるのでした…。





休んでいたランナーもフィールドに戻り
また黙々と周回を重ねてゆくのです。






以降は後日に更新します。


| 夢の島 | 16:59 | comments(8) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ いよいよ当日


ちゃんら〜んるんるん


こぶ平師匠のように華麗ぴかぴかに降臨


                                 








まず先に先日に更新しました秘密兵器「エアロビクス用シューズ」について
ふれてみましょう


エアロビクス用シューズですからフロア(床)専門ですが
クッションはありますし靴底もメッシュになっておりますので
通気も良く、重さは27cmで実測片方312gでまずまず

ミズノ ウェーブダイバーズ





アキレス腱の箇所に切り込みがあるのが特徴なんですがね…

ウォーキングにも適しているので
意外と期待しています


スタート時はこれで行く予定☆
だめだったらすぐにポ〜イです









さて話は本題に移りますが…






         あ!




野辺山100kmの完走書が来たんですよ!



時間はともかく
80km以降のゴボウ抜かれ具合は
「うしろに走ったんじゃ?」と思うような順位でありまして



ほら…










おりしも今夜の夢の島は
同じ主催となりますので仇を取らねばいけません▼





どんなレースになるかは
大会レポをおたのしみに♪









| 夢の島 | 11:13 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 最終攻略法

今回は気持ち的に悪たれをついてしまいましたが
過去のうまっちのブログを繰り返して見ましたところ…

「ヤルと決めたらヤルしかねェ!



Nダッシュ氏はうまっちの倍の時間を戦うのですから
12時間くらいチョロッとやっつけないと
雁坂峠どころか夏のメイン「富士登山競走」どころじゃありません



そもそも自分の根性試しでエントリーしたのが目的ですから
ここはひとつ華麗ぴかぴかに美しく12時間の独走を貫き通さねばいけません#



野辺山で戦った仲間のエールに応えなければ…








とりあえずカラダの準備としましては
カーボ&睡眠ローディングは3日前より実施している。
・いつもより缶ビール1本余計に飲んでいます
・いつもより睡眠1時間計9時間も寝ています



やはり
ヤルことはキッチリとしているうまっち…



そして今回は秘密兵器を用意します!
ここでバラしちゃうと秘密ではまくなりますが
ご覧のみなさんだけに
ひっそりと教えて差し上げますね♪(内緒だョ)


今回は距離との戦いではなく
つまんない時間との戦いになるので
飽きたころにシューズを交換し感覚を刺激する作戦です☆
・マラソンシューズ
・トレランシューズ
・エアロビクスシューズ
の3足で戦いたいと思います。





そして作戦名は前回の夢遊病+徘徊老人改め…

「伝授ウェル式コバンザメ走法で
  あらら!時計をみたらもうこんな時間作戦」



どうでしょうか?この作戦…
流れるプールの中で浮かんでいるだけではなく
しっかりと12時間を走りきれば
うまっちの脚力から上位2割はイケるはず!

幸いにもNダッシュ氏やチーム楽ランもいますので
オヤザメになって頂きくっついて走るのです。






つ〜訳で
ちったぁヤル気が出てきたのでヨシとしましょう







| 夢の島 | 14:40 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽ 攻略法
いよいよ夢の島まで▼あと2日となってしまった朝は雨あめ


後悔ばかりがうまっちの心を侵食しております。
「いっちょヤッたろか!」などと意気込みは1mmもございません…

・決して安くないエントリーフィ
・梅雨空の下でのレース
・単調すぎる周回コースを12時間も走り続ける



いろいろ打開策を考えてはみましたが

・オールナイトニッポンを聞きながら走ってみる
・20周刻みに缶ビールを飲む
・3分以上の休憩はとらない



「走ることは楽しい」と思っていたのに
「走ることはつまんない」になるかもと心配しております。



ただ上には上がいるものでありまして
24時間部門を個人でエントリーしましたNダッシュさんのことを考えますと
まだまだ甘いと考え直す余地が…




      あるわけ無いじゃん!









       (大人気ない態度を表し失礼しました)









野辺山の100kmの準備に比べましたら
2日前には所持品もバックに用意して完璧以上に完璧でしたのに
このモチベーションの無さは何なんだ!




目標の通り11時間で100kmも走れるのだろうか?
お祭りリレー組からどんどん抜かれて気持ちは途切れないだろうか?
気持ちが折れて辞退するような負け癖はつかないだろうか?










たぶんこれ
目標を達成することができたなら
「雁坂峠140km」やっちゃうかもしれない…





| 夢の島 | 09:32 | comments(7) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽  妄想編

前頁にありましたように11時間で100kmを走るためには
ただ闇雲に突っ走っても無理は承知Ψ

いかにダメージなく、しかも楽しく(すでに▼つまんない)
目標の100km(91周)を達成するためには
ペース配分は重要の中の重要事項☆
1周1.1kmの周回コースですから時計の割出しは超簡単♪


前半の5時間を1時間9周
後半の6時間を1時間8周

(9周×5時間)+(8周×6時間)= 93周

更に砕くと
前半の5時間は1時間に9周ですから
20分で3周(3.3km)

後半の6時間は1時間に8周ですから
30分で4周(4.4km)


ブッ座って休憩することなく
上記を刻めば無理することなくサブ11という結果を得られるのですが…





やはり最大は
単調な周回の克服でしょう





なんかこう…
飽きずにミッドナイトランを楽しむ方法はないかのぅ






          お?






電話しながら走るっちゅう作戦があるやんけ〜!
家族無料通話ってのはありがたいのぅ♪








と思いましたが
うまっち隊の衛生兵


用事がないと9時に
ちゃっかり寝るんです…





(まじに対策を考えねば…)
| 夢の島 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
∽24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま∽  いきごみ編
やっと今日あたりから
『リハビリ・ラン』を開始しようと思っております。

もちろんトレッドミルでのランになります。
ケアプラザ通いの70代のお爺ちゃんなら
バトルの相手としまして挑戦を受けてやろうじゃないの!



かかってきなさい! おぅ#

ビビってんのか!  ゴルァァアア〜




さて…
うまっちの次のレースですが
『24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま』の12時間個人の部


スパンがほぼ1ヶ月ありますので
体調を戻すことに最優先せねばいけません。
そしてここでの目標および確認は…



 100km(91周)以上は必ず走る
◆ヾ蠅錣ば100km-サブ11
 野辺山での80km▼ヘタレの克服



,亡悗靴泙靴討
これは必ずクリアしたい距離でありまして
△91周まではガチで走り満足ゆく結果が出ましたら
予定道り仮想でいきます。
なのですが…
野辺山での80km▼ヘタレの原因の確たる究明
時間の壁にヘタレたのか、距離の壁でヘタレたのか、
どちらでもなければ上り下りでヘタレたことになります。


自分の弱点の再確認のためにも
ダラダラ走んないで
しっかり走ろうと考えております。
(100kmもしくは11時間まで)



同じコースを周回するわけですから
「飽き」が来ないかが心配ですが
そこはお任せ下さいσ




その為にあみ出した走法はこれだ!






        下向き







夢遊病+徘徊老人 X 100 = 高記録☆
    2 








つまり
「無」になるってことですョ











誘惑に負けない強い心をもって戦うべし




| 夢の島 | 11:49 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
  • 1/1PAGES